竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

国内旅行 日帰り旅行 電車の旅

カップルで紅葉を楽しむ電車で行く日光日帰り温泉デート

投稿日:

秋の時期は首都圏から電車でのアクセスに優れている日光、鬼怒川エリアで紅葉を楽しみませんか。見所が充実しているだけでなく、日帰りで行くこともできるので温泉デートも楽しめます。予算は1万円で楽しめるような日帰り旅プランになっています。

カップルにおすすめの電車で行く日光紅葉狩りルート

私のお勧めプランは、まず東武日光駅に行き、東武日光バスを利用します。東武日光駅からは中禅寺湖エリアに行くバスや、世界遺産を巡るバスがあり、美しい紅葉を眺めながら目的地まで移動でき、現地での美しい景色を眺めることができます。

おすすめの紅葉巡りコースは中禅寺湖~日光霧降高原、戦場ヶ原

日光エリアでのオススメスポットはいろは坂と中禅寺湖です。カップルで様々な写真を撮りながらデートが楽しめます。日光霧降高原や戦場ヶ原などの美しい自然に囲まれているエリアであり、このエリア全体で紅葉を楽しむことができるでしょう。バス停留所や最寄り駅から歩いて行ける距離に観光スポットや紅葉スポットが充実しているため、日光で有名な揚げ饅頭を食べながら周辺を散策してみると良いです。そして再びバスを利用して日光東照宮周辺を散策してみるのも良いです。パワースポットがたくさんあり、多くのカップルが訪れる場所としても親しまれています。

スポンサーリンク

紅葉狩りで疲れたら鬼怒川 自然浴離れ湯あけびで温泉に入るのもおすすめ

日光エリアの散策が終わったら、再び電車を利用して東武小佐越駅で下車して、徒歩15分のところに自然浴離れ湯あけびがあり、1時間3,800円で貸切で温泉に入ることができます。源泉掛け流しの温泉を楽しむことができるので、特別な日にカップルで利用するのも良いでしょう。電車で行くことができるため、この温泉を目当てに多くの観光客やカップルが日帰りで訪れるため大人気です。完全予約制になっていますが、外の美しく彩られた木々を眺めながらゆったりとくつろぐのも良いでしょう。他にも日光エリアは数多くの源泉が湧き出ているエリアとして古来より親しまれてきました。

まとめ

数多くの見所がある日光鬼怒川エリアですが、四季折々で様々な表情が見られる場所としても親しまれています。電車を利用する際はお得に行ける切符が、発売されているので、たくさん歩くことを想定してスニーカーで日帰り旅行を楽しむと良いでしょう。
観光地として世界中からも愛されている大人気のエリアです。ハイシーズンになると多くの観光客が殺到するので、少し早めの色づき始めた時期に楽しむことで混雑を回避することができるでしょう。また利用する予定の店はあらかじめ予約をしておくと良いです。それから利用予定の公共交通機関等の発着時刻を確認しておくと移動する際は慌てずに済みます。

スポンサーリンク

-国内旅行, 日帰り旅行, 電車の旅
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

秋のおすすめ日帰り旅行は清川村の宮ヶ瀬湖(関東編)

秋と言えば紅葉ですね。首都圏から行ける日帰りの旅行には紅葉も楽しめる神奈川県唯一の村である清川村の宮ヶ瀬湖をおすすめしたいです。人口わずか2993人の東京から1番近い村に日帰りで行ってみませんか? ス …

秋に電車で行く韓国の魅力のおすすめルート、ソウル~慶州ルート

スポンサーリンク 私は60代後半の男性です。私が7年前に一人で行った秋の韓国電車旅行の魅力ある、おすすめルートを紹介したいと思います。韓国旅行というと、ソウルや釜山が中心で、それ以外の場所を訪れる日本 …

カップルに最適、まったり電車で行く、秋の志賀高原紅葉日帰り温泉ツアー

スポンサーリンク 私がカップルにお勧めする、紅葉狩りのコースは志賀高原を巡るコースです。志賀高原へは全国的に有名な湯田中渋温泉からのアクセスをお勧めします。東京や北陸からだと日帰りでも行くことができま …

夏休みどこ行く?!家族で行く日帰り旅行、おすすめ施設の気になる行き方と予算

スポンサーリンク もうすぐ夏休み。小さなお子さんをお持ちのご家庭では遊びに行きたいとリクエストしてくる子供と今年はどこへ行こうとお悩みではないでしょうか。子供が楽しめる場所に行きたいけれどそんなにお金 …

新元号に変わる前に昭和天皇の眠る多摩御陵に参拝

新元号が令和に決まったので、大正天皇、昭和天皇が眠る多摩御陵に参拝し、感謝とお祝いの言葉を述べて参りました。ここは何度か訪れていますが、清々しい空気感がありパワースポットと言えます。春は桜、秋は紅葉も …

カテゴリー

札幌のゲストハウスニューオープン!