竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

個人手配 海外旅行

フランス旅行を計画するならパッケージツアーより個人手配の方がお得?

投稿日:

私は、現在31歳の専業主婦です。もともと旅行が好きで、よく友人や恋人と旅行していました。中でも海外旅行が特に大好きで、イタリア、フランス、ドイツ、チェコ、ハンガリー、台湾、ハワイに行きました。
私は高校・大学と音楽を専門に勉強していたので、海外に留学している友人や、海外で結婚し家庭を持っている友人、海外で音楽活動をしている友人が数名います。その友人たちを訪ねて、海外旅行することも多かったです。
5年ほど前、個人手配で恋人とフランスに行きました。当時、私は20代前半で、冬、1週間の休みをとり行きました。

スポンサーリンク

フランスへの旅行計画は個人手配がお得?そのメリットとデメリットについて

海外旅行をするなら、私は個人手配をお勧めします。なぜならば、安く、自由がきくからです。旅行会社を利用すると、一見安く記載されているプランでも、最終的には、だいぶん高くなっていることがありませんか?手数料や、ホテルのランク、フライトの時間、オプションなどを調整すると、「えっ・・・」という金額なってしまうことが多いです。
友人が住んでいる国に訪れる際、初めて個人手配をすることにしました。フライトも、ホテルも自分で手配し、現地に行ってからの観光もバスやメトロを使いました。フライトは時間や航空会社で値段が変わります。日にちと安さ、現地の到着時間で選びます。ホテルは安いだけではなく、治安の悪いエリアではないか、清潔そうかも、選ぶ基準にしていました。
一度個人手配を経験してしまうと、もうツアープランには戻れません。個人手配のメリットは、なんといっても安さと自由度の高さです。ツアーでは、興味のない観光地や、免税店、お土産屋さんに連れて行かれますが、個人手配ではそのようなことはありません。自分の興味がある観光地に行くことができます。
ただし、メリットばかりかと言われるとそうでもありません。デメリットも少なからずあります。例えば、ヨーロッパの場合は英語が少しわかれば、何とかなる場合が多いのですが、少し田舎のエリアに行くと、現地の言葉しか通じなかったりします。言葉が通じないと、なかなか意思の疎通も難しいので、電子辞書やアプリをダウンロードしていました。
また、ツアーのように集団行動ではないので、キョロキョロしていたり、地図を広げて観光客感丸出しだと、スリに遭うことがあります。大抵複数人での犯行が多く、数人が話しかけて気を逸らしている間に、カバンの中を物色されます。人に話しかけられたときは、少し注意してください。
ほかにも、もし何かトラブルがあった場合や、体調を崩してしまった場合も、全て自分で何とかしなければなりません。
ヨーロッパに行く際は、季節にもよりますが15~20万円、期間は1週間を目安にしていました。個人手配の場合、旅行会社のツアーに比べて、短期滞在は割高になってしまいます。

フランスへの個人手配旅行のおすすめ観光スポットと移動手段

スポンサーリンク

パリ市内とシャルル ド ゴール国際空港の間を、移動する方法はいくつかあります。タクシーと、電車、バスの3つです。
電車の場合は、パリ郊外とパリ市内をつないでいる、RERと呼ばれる高速鉄道のB線を利用します。この高速鉄道は、市内の主要な駅に停車するので、各駅からメトロへの乗り替えもスムーズに行えます。深夜は人が少なくなるため、心細く感じるかもしれません。また、荷物が多い場合も、窮屈に感じると思います。そのようなときは、タクシーを使ったほうが良いかもしれません。
次にバスの場合ですが、パリ入りできるバスはいくつもあります。バス会社や目的地によっていくつかあります。シャトルバスと路線バス、深夜バスです。目的地とバスの停車駅が近い場合は別ですが、快適さを求めるならばシャトルバスがおすすめです。深夜バスは、タクシーよりは安い料金で利用することができますが、本数が少ないうえ、時間もかかります。安全面も保証でいないので、深夜移動はタクシーのほうが良いと思います。また、車の移動が多い時間帯は、バスやタクシーも影響を受けます。そのような時間帯は、電車の方が、早く移動ができます。
フランスのおすすめ観光スポットはたくさんありますので、いくつか紹介したいと思います。
・島全体が修道院のモン・サン・ミッシェル。とても神秘的な場所でおすすめです。ツアーでも行くことができますが日帰りツアーが多く、ゆっくり観光することはできません。スタスタ速足で見て回っている観光客は、たいてい日帰りツアーで来ている人です。時間がある方はぜひ1泊してみてください。夜もモン・サン・ミッシェル美しいです。オムレツやクッキーが有名です。
・誰もが知っているパリのエッフェル塔。ここを押さえずに、日本に帰ることはできません。夜のライトアップも美しいです。観光スポットとしてあまりに有名すぎるので、かなり並ばなければ中に入ることはできません。時間に余裕をもって来るようにしてください。
・オペラ座の怪人でも有名なオペラ・ガルニエ。豪華絢爛な舞台をぜひ見てください。外も中も素晴らしいです。
・ヴェルサイユ宮殿も見ておきたい場所です。マリー・アントワネットも暮らしていた宮殿です。とても豪華で美しいです。
・ノートルダム聖堂は、様々な作品の舞台にもなっている聖堂です。どのシーズンでも関係なく訪れることができる観光スポットです。
・モンマルトルの丘からパリの街を見下おろすことができる、サクレ・クール寺院。とても美しく、青空をバックに写真を撮影する観光客も多いです。お土産などを売っているマーケットもいくつかありました。雨の日にはあまりおすすめしませんが、晴れの日にはぜひ訪れたい場所です。
・凱旋門も押さえておきたい観光地です。このパリのシンボルともいえる凱旋門は、シャンゼリゼ通りから見ることができます。ここは、上に登ることもできるので、ぜひ高いところからもパリを楽しんでみてください。
また、観光地だけでなく食事も旅行の楽しみの一つです。フランスは美食の街ともいわれるだけあって、食べ物も美味しいです。本場のフレンチや、パン、チーズにワインを楽しんでください。
海外のホテルに共通して言えることだと思いますが、パジャマに該当するようなものや、スリッパはありません。自身で用意するようにしてください。高級なホテル以外は、部屋もあまり大きくないように感じています。

個人手配における注意点

海外のホテルに共通して言えることだと思いますが、パジャマに該当するようなものや、スリッパはありません。自身で用意するようにしてください。高級なホテル以外は、部屋もあまり大きくないように感じています。
個人手配は絶対に下調べが必要です。電車やバスの乗り方、空港からの移動、ホテル、観光地はしっかりと調べました。特に海外での移動は緊張するものなので、しっかり下調べをして、心に余裕を持った状態で利用したいものです。安いからという理由だけで、全てを決めてしまうのは危険です。

まとめ

フランス旅行は、個人手配でも十分安全に楽しむことができます。行きたい日にち、フライト時間、滞在期間、観光したい場所をしっかり選択し、楽しい自分だけのプランを作ってください。また、パリは楽しく、美しく、感動するような場所がたくさんあります。食べ物も美味しく、毎食何を食べようか迷ってしまうくらいです。
個人手配とツアーのメリットとデメリットをしっかりと考え、自分に合った方法を選ぶようにしてください。初めての海外旅行をする方や、言葉に自信がない方、不安を感じるのがストレスな方は、安全で安心感を得られるツアーを利用するようにしてください。少しくらい失敗してもいいやと思う方、自由に行きたい場所に行きたいと思っている方、冒険したいと思っている方は、ぜひ個人手配という選択肢も視野にいれて、旅行を検討してみてください。

スポンサーリンク

-個人手配, 海外旅行
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏のフランス一人旅とホームステイ体験、注意点と学んだことについて

スポンサーリンク 私は女性です。夏に一人で海外旅行に行ったのは1999年です。20代後半の頃で独身の時でした。旅行した先はフランスで主に南仏です。旅行期間は1か月で3週間はエクス・アン・プロヴァンスで …

卒業旅行でおすすめの海外プランは?ケニアのサファリ、格安ツアー

スポンサーリンク この春就職を控えている大学生の皆さんにおすすめな海外の格安旅行は、ケニアのサファリツアーです。 4泊7日で、エアー・インディア、またはカタール航空を使えば、格安でケニアに行くことがで …

秋~冬におすすめ新婚カップル向け香港・マカオの旅

スポンサーリンク 今回は、20代から30代の新婚カップルにおすすめの観光スポットについて紹介しようと思います。 それは、中国の特別行政地区でもある香港とマカオです。 この2つの場所は、日本からも比較的 …

個人手配した中国、東チベットへの旅行プランと、メリットとデメリットについて

スポンサーリンク 30代前半女性、1人旅で、2016年4月に中国・東チベットを個人手配で旅行しました。8日間の日程でした。この体験の内容も含めて個人手配とツアーのメリットとデメリットについても紹介した …

春休みの海外旅行にマイナーな国、ブルガリアへ行く観光プラン

スポンサーリンク 大学生という立場だからこそ思い切ったことができるものですが、春休みにちょっとマイナーな海外の国に旅行してみるのはどうでしょうか。今回はその中で日本人にはちょっと有名な国でありながらあ …

カテゴリー