竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

海外旅行 電車の旅

夏のヨーロッパ旅行のおすすめ移動ルートと服装について

投稿日:2017年6月18日 更新日:

私が数年前の夏にヨーロッパを旅行した時、とっても楽しめたルートがありましたので、ご紹介します。フランスのニースから、スペインのバルセロナまでの鉄道の旅です。10日間ほどあれば、いろいろな観光名所を楽しみつつ移動も無理なくできるのではないかと思います。

スポンサーリンク

夏にヨーロッパに行くおすすめ周遊ルートについて

まずは、フランスのニースからスタートです。夏のニースはバカンス客で大賑わいで、活気にあふれています。シャガールやマティスの美術館があり、どちらも美術館好きの方には満足していただける内容だと思います。同じ芸術家の作品をたくさん観ることで、その芸術家に関する知識がより深まります。夕方からはビストロなどがにぎわいます。南仏の美味しい料理を味わってください。

ヨーロッパのおすすめ周遊ルートの移動手段について

電車で少し行くとカンヌがあります。カンヌ映画祭のことを想像しながら、散歩をするのも楽しいものです。洗練されたセレブな街の雰囲気を味わうこともでき、海沿いの遊歩道をのんびり歩くのもよいものです。
この近くには香水で有名なグラースという小さな町もあります。自分で香水を調合したりすることもできますので、よい記念になります。
南仏を満喫した後は、さらに鉄道で西に移動します。国境を過ぎてスペインに入国すると、フィゲラスという街に到着します。ここには有名なダリ劇場美術館があります。大きな建物の中すべてがダリ一色です。不思議なダリの世界を満喫してみてください。
そしてさらに1時間ほど鉄道で移動すると、バルセロナに到着です。サグラダファミリアや、ガウディの様々な建築物を見て過ごしたり、スペインのおしゃれなお店でショッピングを楽しんだり、バルセロナは都会で見どころもたくさんありますので、旅の最後を楽しむことが出来ると思います。
ニースからバルセロナには、鉄道で移動できます。ユーレールパスなどを前もって用意しておけば、いちいち列車のチケットを購入する手間も省けますし、予定のルートをはずれて気になった街でふらっと途中下車することも可能です。

スポンサーリンク

夏のヨーロッパ旅行の服装について

服装は日本の夏とほぼ同じでよいと思いますが、夏のヨーロッパは日差しがキツイので、帽子やサングラスなどをぜひご持参ください。また、建物の中は冷えていることもありますので、羽織ものも必要です。上品な服装も一着ぐらい用意しておけば高級なお店にも気後れせずに入れるでしょう。また、せっかくリゾート地に行くのですから、リゾートらしい服装で街を歩くとよいですね。

まとめ

このルートは地中海沿いの明るいヨーロッパを満喫できます。夏のヨーロッパを楽しみたい方にはおすすめです。どの街も、リゾート感にあふれていて、日ごろのストレスもきっと忘れられると思います。ぜひ、体験してみてください。

スポンサーリンク

-海外旅行, 電車の旅
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外の隠れた絶景発見!韓国潭陽(タミャン)郡への旅

スポンサーリンク 韓流ブームも一段落、韓国観光としてソウル、釜山ばかりでは飽きた人におすすめの旅を紹介します。それは、全羅南道光州広域市の北隣にある潭陽郡への旅です。ここには隠れた絶景スポットがありま …

秋の欧州はスペイン欲張りプラン!現地調達の服装でハイセンスなホテルを満喫

スポンサーリンク 買い物、リゾート、観光がいっぺんに楽しめる欲張りな海外旅行のプランをお考えの20〜30代女性には、欧州、特にスペインをお勧めします。 せっかくの海外旅行。予定を詰め込みたくなりますよ …

海外の絶景おすすめ旅マチュピチュへの行き方とホテル事情

今回はペルーの絶景天空都市マチュピチュへの行き方や周辺で泊まるホテルについてご紹介します。せっかく海外に行くんだから失敗したくない、でも初めての場所だから不安という方には是非この記事を読んでから、出か …

夏の海外旅行、女一人でパリに行った私の旅行計画、注意点をご紹介します

スポンサーリンク 一人カフェ、一人飯…この頃、一人で行動しちゃうアクティブな人が増えています。でも海外旅行は、流石に一人だと危ないかな、としり込みしちゃう方も多いのでは? 私は20代の女性ですが、3年 …

クリスマスにフィンランドでサンタクロースに会えるおすすめプランとホテル情報!

スポンサーリンク 海外でのクリスマスといえば、ドイツのクリスマスマーケットが有名です。しかし皆さんクリスマスの主役をお忘れではないでしょうか?それは「サンタクロース」です。子供のころに夢を思い描いたサ …

カテゴリー