竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

海外旅行 絶景の旅

夏の海外旅行におすすめ!アドリア海の絶景、ドゥブロブニクの魅力と行き方紹介

投稿日:2017年6月13日 更新日:

海外へ旅に出るなら「絶景」と言われる場所の一つや二つは必ず訪れたいもの。その中でも特に夏のヨーロッパならぜひ足を運んでほしい、アドリア海の美しい街・ドゥブロブニクを紹介します。

スポンサーリンク

夏の海外旅行におすすめのアドリア海の絶景、ドゥブロブニク

夏のヨーロッパ旅行でぜひ訪れてほしい絶景スポットを紹介します。
ドゥブロブニク旧市街は、イタリアやギリシャの近くでアドリア海に面した国、クロアチアにある海辺の街です。ユーゴスラビア紛争をくぐり抜けた街は城壁に囲まれていて、周囲から隔絶された雰囲気を感じます。
城壁にも登れますが、なんといってもロープウェイで登る山の上から街を見下ろすことができ、これが絶景!「アドリア海の真珠」と言われるのも納得の、青い海とオレンジ色の瓦屋根の対比と輝きが本当にきれいなんです。宮崎駿監督映画「魔女の宅急便」のモデルとも言われ、世界遺産にも登録されています。ロープウェイは夕方か、時期によっては夜まで運行していますが、ぜひ昼間の鮮やかな景色を堪能することをおすすめします。
筆者がここを知ったのは、旅好きで知られる女優の菅野美穂さんがテレビや著書「カンタビ」でおすすめしていたのがきっかけ。海外でどこか素敵な場所ないかな?という時の偶然の出会いでした。

スポンサーリンク

アドリア海の絶景ドゥブロブニクへの行き方

ドゥブロブニクはクロアチアの最南端、飛び地の場所にあります。日本からはまず首都のザグレブへ、そこから国内線飛行機か高速バスで行くことができます。飛行機でビューンと行くのも楽チンですが、バスで海辺の他の街を通る道中を楽しむ行き方もアリ。ただし注意点として、ザグレブから11時間くらいかかるので、弾丸ツアーや格安計画ならではの行き方、といったところでしょうか。
空港や高速バスターミナルからはさらに路線バスに乗って、旧市街に到着!すぐ近くのロープウェイ乗り場から背後のスルジ山へ登り、山頂まで乗車時間は3分程度。
夏は日差しが強く、まぶしいくらいの白い石畳と城壁に囲まれているので、帽子やサングラスがあると安心です。

絶景の街ドゥブロブニクのホテル

ドゥブロブニクの周辺にはホテルがいくつもあるので泊まるところには困りません。リゾートエリアということで、スパなどのサービスが充実しているホテルが多い印象でした。

まとめ

海外の絶景というと道なき道をかき分けていくような場所もありますが、ドゥブロブニク周辺はリゾート地としてもヨーロッパから人が集まるので、アクセス手段は確立されているほうだと思います。ここのために旅に出てもよし、周辺のスプリットやプリトヴィツェを見つつここをハイライトに持ってくるもよし。この鮮やかで美しい街を訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-海外旅行, 絶景の旅
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏休みに家族で行く韓国旅行のおすすめ計画と体験談、そしてそこから学んだこと

今回紹介する、私の家族との夏休み海外旅行は、今から8年前の2009年9月の韓国旅行です。9月というと、夏休みでないと思われがちですが、ほとんどの大学は夏休みであり、夏休みと言ってかまわないと思います。 …

家族で海外旅行 安く行けるお薦めの場所と持ち物は? その3

忙しい共働きの両親と、小学校低学年のお子さん2人のご家族。最近は旅行というより帰省で休みが終わってしまうご家族も多いのではないでしょうか。そんな4人家族に、できるだけ安く行ける海外旅行と、持っていくと …

この夏おすすめの東ヨーロッパ周遊の移動ルートと服装について

スポンサーリンク 日本のジメジメした夏を飛び出して、ヨーロッパを思い切って旅しちゃいましょう。 私がおすすめするのは贅沢だけどリーズナブルな東ヨーロッパです。夏の西ヨーロッパのように混んでいる地域は避 …

夏にカップルで行く海外旅行でのむだ毛処理の悩み、荷物や盗難対策について

スポンサーリンク アラフォーの女性です。アジアンリゾートが好きで、夏にはタイやマレーシアで毎年リゾートを過ごしています。カップルで海外旅行に行くと、数日間、ほぼずっと一緒に過ごすことになります。嬉しい …

シニア夫婦向けの秋のタイ旅行プランとホテル情報、注意点

スポンサーリンク シニア夫婦にとって海外旅行とは非常に楽しいものです。その理由は人生が一旦落ち着き、自分たちの人生を見直す上でも最高の時間帯であるからです。そのためそういったシニア夫婦方々にとって最高 …

カテゴリー