竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

家族旅行 海外旅行

夏休みに家族で行くハワイ旅行のおすすめ計画と体験談、そしてそこから学んだこと

投稿日:

2016年の夏休みに、夫と娘とハワイに行きました。娘にとっては初めての海外旅行でした。8月の初めに6日間の日程で行き、宿泊先はヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジです。ハワイでは、ホテルのプールでのんびり泳いだり、ダイヤモンドヘッドに登ったり、エッグス・ン・シングズにパンケーキやアサイーボールを食べに行ったり、アラモアナショッピングセンターでお買い物をしたり、目の前でパフォーマンスをしてくれるステーキのお店に食べに行ったりしました。また、海のきれいなビーチに出かけて、ビーチでのんびりしたり、魚を探したりして過ごしました。ホテルのプールがとっても広くて、娘はいつまでもプールで過ごしたいというほど気に入っていました。

スポンサーリンク

夏休みに家族で行くハワイへ旅行のおすすめ計画

まず、夏休みに家族で行けるハワイ旅行を計画するにあたり、5月ごろに旅行会社のパンフレットを見たり、インターネットで口コミを調べたりして、事前の情報収集を開始しました。ハワイはホテルも多く、一つのホテルの中でも、様々なグレードの部屋に分かれているため、どこを予約しようか考えるだけでも大変でした。その中で、一番優先したのは、立地とプールです。
私の家族は車に乗らないため、レンタカーを借りるという選択肢はありません。そのため、トロリーバスだけでも困らないところ、というのがホテル選びの第一条件でした。ただ、有名観光地のハワイのこと、これを満たすホテルは山ほどあります。
そこで、第二のポイントはホテルのプールです。娘が泳ぐことが大好きで、ハワイではたくさん泳ぎたいと希望していました。そのため、プールの充実しているホテルを優先的に探すことになりました。その結果、候補として挙がったのが、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジです。ここは家族向けのホテルとして有名で、キッズ用プログラムがあったり、子どもに優しいサービスがたくさんあります。そういった安心感もあり、このホテルを予約しました。トロリーバスにもすぐ近くで乗れますし、どこかへ観光に行くにも、このホテルからバスが出ていることも多かったので、結局全く困ることがなく、このホテルで本当に良かったと思いました。ホテルと飛行機を予約できたら、次に必要なのはパスポートの取得です。大人の私たちはパスポートを持っていましたが、子どもにとっては初めての海外旅行です。まずは近くの証明写真の機械に、写真を撮りに行きましたが、子どもが小さくきちんとパスポートに必要なサイズに顔を合わせることが難しくできませんでした。そこで、写真屋さんに撮ってもらいに行くことになりました。写真代やパスポート申請料や交通費と、パスポート取得にも結構お金がかかりますね。ハワイは日差しが強いと聞いたため、ラッシュガードなども購入して、出発に備えました。

家族で行くハワイ旅行の体験談

いよいよ出発です。家族そろっていく初めてのハワイ旅行です。その体験を少しお話します。ハワイまでの飛行機は揺れることもなく、機内で食事をしたり映画を見たりしているうちに、あっという間に到着しました。空港では、首飾りをかけてもらい、日本のジメジメした夏と違う、さわやかな風が吹いていました。まずは荷物を受け取ってホテルに行きました。ホテルでは開放感のあるゆったりしたロビーでチェックインをしました。ホテルのスタッフは日本語も話せるため、英語が話せなくても全く不自由なく、無事にお部屋に到着しました。部屋からは海が見渡せて、広さも十分で、入った瞬間からくつろぐことが出来ました。ホテルはヴィレッジというだけあって、本当に村のようで、レストランや服屋さん、コンビニなど必要なものはすべて揃っています。ホテルの外に行かなくても用事がすませられるというのは本当に楽でした。職場などに買って帰らなければならない大量のお土産もホノルル・クッキー・カンパニーがホテル内にあるため、そこで済ませることができます。またコナ・コーヒーのお店もお土産にはもってこいです。食品以外にもクレイジーシャツのTシャツなどもお土産にピッタリです。お土産以外にも、ハワイで楽しむリゾート風のドレスもとてもかわいく、子供用の充実していたため、娘は大喜びでした。ここで買ったドレスを着て海をバックに撮った写真は、とても写真映えして家に飾っています。日用品の買い物も、ABCストアがホテル内に複数あるので困りません。ちょっと小腹が空いたときにパンやお菓子を買ったり重宝しました。ただし、ABCストアのおにぎりはパサパサであまりおいしくありません。ご注意を。ホテル内のレストランも素晴らしくステーキハウスでは目の前で鉄板焼きを食べることが出来ます。パフォーマンスも味も素晴らしく、食後もすぐに部屋に帰ることが出来るので本当に楽です。ホテル以外でも、たくさん楽しみました。ある朝は朝食をとりにエッグス・ン・シングズへ。やはり人気のようで、お店の前にはたくさんの人が待っていました。ポケベルを渡され、30分ほど待ったら、ようやく店内に入ることが出来ました。おすすめのパンケーキのほかに、オムレツや、アサイーボール、エッグベネディクトなど、いろいろ注文してみました。正直パンケーキの良さは私にはあまりわからなかったのですが、意外とアサイーボールがおいしくて感動しました。ぜひおすすめします、食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

家族で行く海外旅行で学んだことは?

今回の海外旅行で学んだことは、事前の計画が大事だということです。特にホテル選びは旅行の良しあしを左右するとても大きな要素だと思います。若い友人同士の旅行などならホテルにこだわらず海を満喫する方が多いと思いますが、家族で行く海外旅行となると話は別です。やはり、海外旅行では特に危険がないかにとても気を使いますし、小さい子供がいるとなかなか外でアクティブに過ごせない分、ホテルの充実度が重要だと思います。その点、ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジはホテル内にスタッフも目が多いため、危ない思いをすることもなかったですし、海のほうが危険が多い気がするのでホテルのプールが充実していることは良かったと思いました。このように、ホテルについては満足なのですが、ホテルの外の観光については計画不足のために無駄な時間が多くなってしまい、事前準備の大切さを痛感しました。特に私たちは基本的にトロリーバスで移動していたため、そのルートや時間は前もってきちんと計画を立てておかないと、もったいないですよね。次回ハワイに行くことがあれば、もっと計画を立てて目いっぱいハワイを楽しみたいと思います。

まとめ

特に子連れの旅行は、なかなか予定通りには進みません。なので、今回はあまりきっちりした計画を立てなかったのですが、せっかくの家族で行く海外旅行なので、事前にインターネットで調べたり何パターンかの候補を上げておき、その上で子供の体調や体力に合わせて、候補の中から選んでいくと、満足いく旅行が出来るのではないかと思いました。おすすめの場所をたくさん調べていても、全てに行くことは難しいと思います。それでも候補がたくさんあったほうが、結局は良かったと思える旅行が出来る可能性が高くなると思います。今年の夏休みにはこの経験を踏まえて、いろいろな旅行プラン作りを楽しみたいと思います。旅行は「計画の時点からが旅行」といいますが、本当にその通りだと思います。そして、候補に挙がっていたけれども行けなかったところは、次回のハワイ旅行のお楽しみにとっておこうと思います。子供の年齢によってハワイで楽しめることも変わってくると思うので、数年後、ハワイに行ける日を楽しみに、仕事に励みたいと思っています。

スポンサーリンク

-家族旅行, 海外旅行
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一人で行く海外旅行の計画の立て方、そして体験から学んだこと、注意点について(その2)

スポンサーリンク 私が初めて一人で海外旅行の計画を立て、実際に現地に行くまでに学んだことや、現地へ行った際の注意すべき事やトラブルへの対処などをお話しします。 旅行地の設定から予算設定、荷造りやコミュ …

秋のカナダ・メープル街道ドライブ旅行~シニア夫婦向けのプラン・ホテル・注意点

スポンサーリンク 秋のシニア夫婦の海外旅行先としてオススメなのがカナダです。カナダ国旗にカエデが描かれているように、カナダはカエデ(メープルツリー)がとても多く、秋の紅葉は山一面が真っ赤に染まる絶景で …

春~夏に行く世界で最も魅力的な島、フェロー諸島の情報・プラン・観光スポット

フェロー諸島は英国とアイスランドの間にあるデンマークの自治州です。18個の島々から成り、総面積は1399平方km(沖縄本島くらい)ですが、山がちで平地が少ないため人口は少なく5万人前後です。国際スポー …

夏休みに家族で行く台湾旅行のおすすめ計画と体験談、そしてそこから学んだこと

夏休みに家族で旅行に出かけることが通例となっております。そしてその旅行先として海外が主流となっているのも現実です。そこで家族での海外旅行でおすすめの場所を選ぶに当たりどのように選び計画したかについて説 …

夏休みに家族で行くおすすめ日帰り旅行、秋葉山本宮秋葉神社への行き方と予算

スポンサーリンク まだ梅雨真っ盛り。でも、もうすぐ夏休み。この時期はあっという間に楽しい時間が訪れます。仕事をしているとお盆休みしか頭にないですが、学生はもう少しで夏休みが来ます。そう思うのです。何を …

カテゴリー