海外旅行のおすすめの国とエピソード、そして学んだこと

海外旅行

海外旅行は普段体験できないようなことが出来るし,そこで感動したから学んだことを他の人に共有できるので大好きですが、特に三年前に行ったタイはとても印象的で、おすすめ出来るところです。

スポンサーリンク

海外旅行のおすすめの国

毎年のように海外旅行に行ってはいましたが、アジアにはまだ行ったことがなかったので様々な旅行の本を見て、海が奇麗で、料理も美味しいタイに行くことに決めました。
私のおすすめの国の一つになりました。

海外旅行のおすすめの国タイでのエピソード

タイに着くとまず目につくのは人々の笑顔です。子供から大人まで貧しいながらも生活を楽しんでいて、笑顔がキラキラしていることです。これには、ちょっと感動しました。

しかし、旅行中盤につれて、笑顔がたまにイラっとすることがありました。
それは、日本じゃあり得ないこんなエピソードに遭遇した時です。
私たちは、せっかく海外旅行に来ているのだから、となるべく現地の人たちと触れ合いたいと、現地の人たちが利用する「カラオケバス」というものに乗りました。
それは、普通のバスなのですが運転手さんの気まぐれなのか、乗客の希望なのか、とにかく好きな音楽を大音量で流しながら走行するバスです。隣の人の声も聞こえないくらいの音なので、一緒に旅行していた友人おろか現地の人と交流、なんて全くできませんでした。
それだけでも面白いエピソードなのですが、困ったことにそのバスには後ろにも前にもドアがありませんでしたので、バスが急カーブで曲がると一人二人は落ちてしまうのでは?と心配になるほどでした。

私たちは一つキャリーケースを持って乗ったのですが、バスの運転手さんが、座席までは持っていけないから、その空いてるドアの近くを指さして「その場所に置いておくように。僕がしっかり見ているし、落ちないから大丈夫」と言ってくださいました。
その指定された場所に置いて座席に行ったのですが、急カーブが続いていた道のため、案の定、ドアのないところから私たちの荷物がポーンと道路の真ん中に落ちてしまいました。
その時に、冒頭で述べたあの素敵な笑顔で運転手さんが「待っていてあげるから、取っておいで」と言われた時には、正直イラっとしました。しかし、あまりにも運転手さんの素敵な屈託のない笑顔に、一瞬で負けてしまいました。その後すぐ友人二人で周りの車を止めながら必死に鞄をとりに行ったのは本当にいい思い出となりました。

スポンサーリンク

海外旅行のエピソードで学んだこと

今回の海外旅行のエピソードで学んだことは、私たち日本人が当たり前だと思っていること、例えば今受けている日本でのサービスなどは他の人や国にとってはあたり前じゃないということです。現地のサービスなどは、現地に行かないとわからないことが多いですが、こうした体験談を参考にして、準備されるといいと思います。

まとめ

海外旅行では、様々なエピソードや感動などを経験し、そこから自分が成長するチャンスが生まれます。特に、海外では何が起こるか分かりませんが、たとえ物事が上手くいっていない時でも、タイの人のような笑顔があれば、楽しめるんだということを私自身が学んだことなので、ハプニングがあった時こそ笑顔で楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました