竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

リゾート 海外旅行

秋にカップルで行く治安のよいおすすめ海外リゾートはタイのサムイ島

投稿日:

私がこの秋にカップルにオススメする治安のよい海外リゾートは、タイ楽園サムイ島です。
バンコクから南へ約700kmのタイ湾に浮かぶ、ココナッツの木々に覆われた世界が注目するココナッツアイランドです。
インドネシアのバリ島や同じタイのプーケットに並ぶ海外リゾートとして、高級ホテルもたくさん存在しています。カップには最適な環境だと思います。

スポンサーリンク

カップルで行く秋の海外リゾートにタイのサムイ島をすすめる理由は?

私が訪れたのは2013年秋、タイでは5月から10月が雨期になりますが、サムイ島は雨量が少なく、ベストシーズンというのも決め手となりました。
滞在したホテルは、インターコンチネンタル。海が目の前でカップルにはぴったりのおすすめ海外リゾートホテルです。ホテルのロビーからは一面に海が広がり、圧巻の景色です。ホテル内にはいくつかのレストランがあり、タイ料理や洋食、ビーチサイドでのBBQも楽しめます。
私は昼はプールサイドのレストランでピザやサンドウィッチを食べ、夜はタイ料理を頂きましたが、どれも上品な味でボリュームもあり大満足でした。

タイのサムイ島の治安について

サムイ島の治安についてですが、比較的治安はよいと言われていますが、女性の夜のビーチの一人歩きや露出の高い服装はおすすめできません。海外リゾートへ行くと、つい羽目を外してしまいがちですが、目立った行動をしなければ何かに巻き込まれることもないと思われます。私は特に不安要素もなく、楽しく過ごせました。

スポンサーリンク

タイのサムイ島のホテル事情

私が滞在したインターコンチネンタルホテルは、市街地から車で約1時間と離れており、周りには小さなホテルがもう1軒と飲食店が1軒あるだけでした。カップルでゆっくりホテルライフを楽しむなら一押しです。ホテルのサービスはさすがにインターコンチネンタル!と思わせてくれるようなことだらけで、朝食からマンゴーも食べ放題、プールで過ごしていればミニデザートやドリンクも頂きました。滞在中にテニスをしましたが、テニスコートでもタオルや飲料水、冷たいおしぼりまで用意していただけました。
お部屋は主に3つのタイプがあり、ホテル棟の一般的な部屋とコテージタイプの部屋が山側と海の目の前にありました。私たちはホテル棟の一般的な部屋に泊まりましたが、部屋からはロビーと同じく海が一面に見え、バルコニーにもソファがあり、ゆっくりとリゾートを満喫することができました。
海のアクティビティとして、パドルボートやカヤックもあり、1日中ホテルにいてもまったく退屈しませんでした。
料金も1泊1部屋2万円ほどで、とてもお得だったと思います。

まとめ

この秋カップルに絶対おすすめ海外リゾートとしてご紹介したサムイ島ですが、日本からの直行便はありません。バンコク経由が一般的なルートなりますが、バンコクからは飛行機で約1時間程度。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-リゾート, 海外旅行
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏の海外旅行におすすめ!アドリア海の絶景、ドゥブロブニクの魅力と行き方紹介

スポンサーリンク 海外へ旅に出るなら「絶景」と言われる場所の一つや二つは必ず訪れたいもの。その中でも特に夏のヨーロッパならぜひ足を運んでほしい、アドリア海の美しい街・ドゥブロブニクを紹介します。 スポ …

この夏おすすめの東ヨーロッパ周遊の移動ルートと服装について

スポンサーリンク 日本のジメジメした夏を飛び出して、ヨーロッパを思い切って旅しちゃいましょう。 私がおすすめするのは贅沢だけどリーズナブルな東ヨーロッパです。夏の西ヨーロッパのように混んでいる地域は避 …

春休みの海外旅行にマイナーな国、ドミニカ共和国へ行く観光プラン

スポンサーリンク 春休みの海外旅行にカリブ海に浮かぶ島、ドミニカ共和国はいかがでしょうか。青い空、青い海、陽気なラテンの人々、一足先に夏を先取りすることができます。今回紹介するのは、首都のサントドミン …

ニュージーランドへ行かれる方へのおすすめ、失敗しないための情報、必需品など

私は2年前に大学の必修のプログラムでニュージーランドのオークランドに行きました。そこで、経験したこと、おすすめの場所、失敗したことなどを、ここでは書いていこうと思います。 スポンサーリンク 関連

新婚カップル向けドイツ・ベルリンのおすすめ観光スポットのルートとホテル紹介

スポンサーリンク 私のお勧めは何といってもドイツの首都ベルリンです。随分前の話になるので恐縮なのですが、東西冷戦時代を終えて、あちこちで建設ラッシュだった頃。旧東ベルリン側の風景が次々と明るさを増して …

カテゴリー