竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

一人旅 海外旅行

夏の海外旅行、女一人でパリに行った私の旅行計画、注意点をご紹介します

投稿日:

一人カフェ、一人飯…この頃、一人で行動しちゃうアクティブな人が増えています。でも海外旅行は、流石に一人だと危ないかな、としり込みしちゃう方も多いのでは?
私は20代の女性ですが、3年ほど前に一人で欧米を半年間旅行した経験があります。今でもヨーロッパには、一人でフラッと出かけたりしています。今までの海外旅行経験から学んだことをもとに、安く安全に旅行するコツや注意点を伝授致します。
思い切って日本から飛び出て、夏休みを海外で楽しみましょう!

スポンサーリンク

夏のヨーロッパへの一人旅の計画の立て方

海外旅行の計画を立てる上で一番重要なのは、当たり前ですが場所です。どこの国に行きたいか?何をしたいか?いくつか候補を出してみましょう。
現地で友達が出来ることもありますが、ずっと一人で過ごす可能性もあります。暇にならないよう、自分が強く興味のあるところ、行きたいところがたくさんある場所を選ぶと、より充実しますよ!
候補が絞れたら、航空券やホテルの相場を見てみます。最寄の旅行会社に話を聞きに行ったり、楽天などインターネットで検索して調べてみましょう。予算オーバーしていないでしょうか。また、移動時間の確認も大切です。半日以上飛行機に乗ることもあるので、休暇内で観光時間を確保できるか、スケジュール的に無理がないか確認しましょう。
上記の点で検討して旅行地を決めたら、いよいよホテルや航空券の手配です。個人でインターネットから予約しても良いですし、今は一人旅用のツアーもあります。自分の希望にあったものを選びましょう。個人手配の場合、空港からホテルへの移動に無理が無いかも確認してください。空港は市街地から遠く、夜はバスや電車の本数も減ります。スーツケースをずっと引きずっての移動ですから、無理が無いか確認しましょう。
ホテルや航空券の手配が終わったら、スケジュールを詰めていきます。行きたい場所を地図で見て、移動時間、移動手段を見つつ画を立てましょう。現地ツアーやアクティビティを申し込む場合は、早めに予約しないと定員締め切りになる場合もあるので注意!
鉄道やバスの乗り場、料金、出発時間は細かく確認しましょう。乗り逃すと何時間も来なくて1日の計画が…ということもあります。現地で調べる時間が勿体無いので、日本で調べられることは全て調べる!現地では計画通り動いて楽しむだけ!というぐらいにしっかりスケジュールを立てましょう。

私は夏のパリに行きました。私の計画の立て方や、実際の旅行の注意点などを順にご紹介します。紹介内容は下記の通りです。

1.航空券の手配とホテル探し
2.現地での計画を詰める
3.必要な準備と、持ち物

1.航空券、ホテル探し
一人旅はとことん自由なのが好きなので、ツアーは使いません。航空券やホテルは、Webから個人手配しています。私はいつも、航空券は「スカイスキャナー」、ホテルは「Booking.com」で探しています。
航空券は、安かったのでアエロフロートにしました。この航空会社は初めてだったので、評判をクチコミサイトで確認。モスクワ乗換えだったので、飛行機が遅れても困らないよう、乗換え時間に余裕がるある航空券にしました。
ホテルは、空港からバスで行けるオペラ通り付近。大通り沿いで治安的にも安心ですし、空港への移動や観光の際のアクセスも便利な場所です。Booking.comのクチコミも参考にしつつ、地図で場所を確認して、移動や治安が大丈夫か確認してから予約するようにしました。
また、ずっと一人は寂しいかなと、2泊ほどゲストハウスの予約も入れました。ゲストハウスは友達を作りやすいので、抵抗感の無い方にはおすすめです!

2.現地での計画を詰める
現地でやりたいことをリストアップし、スケジュールを立てます。地図を見て場所を把握し、移動時間を考えて、無理の無い計画を立てることが大切です。
一人でずっと観光するのも寂しいなと思ったので、インターネットで現地ツアーを探して、モンサンミッシェルに行きました。「パリ 現地ツアー」ようにWebで検索するといくつか出てきます。日本の旅行会社に聞いて、店舗で説明を聞いて予約することも可能です。
モンサンミッシェルは、一人だと行くのが大変な場所なので、ツアーはとても便利でした。一人旅の女性が他に2名いましたので、お喋りしつつ一緒に観光しました。

3.必要な準備と持ち物
海外旅行でこれだけは準備、あるいは持っていった方がよいと思うものを紹介します。
■wifiをレンタル
スマホを現地で使うとなるとwifi接続が必要になります。ホテルなどのフリーwifiだけでは不安なので、私はいつも海外旅行用のwifiレンタルを利用しています。これならどこでもだいたい接続できるし、電話もLINEでできるので、金額を気にすることなく安心です。
SIMフリーのスマホを持っている場合、現地でSIMカードを買うのも良いですが、カードによっては途中で繋がらなくなるトラブルもあるので、海外に慣れていない方にはおススメしません。wifiレンタルは、インターネットで契約し、空港で搭乗前に借りて、返却も空港のポストに入れるだけなのでお手軽です!

スポンサーリンク

■クレジットカード、現金の用意
クレジットカードは海外旅行に必須です。私はいつも、海外ATMでも引き出せる銀行のキャッシュカード(デビット機能付き)と、VISAとMasterCardを1枚ずつ、合計3枚は持っていっています。
JCBは海外だと加盟店が少ないので、世界のどこでも使えるVISAかMasterCardがおススメです。磁気不良でカードが使えなくなることもあるので、予備含め複数枚持っていってください。しかしたくさん持っていっても、現地で落としたり盗まれた場合に手続きが面倒なので、3~4枚に絞りましょう。
普段あまりカードを使わない人もいると思いますが、海外ではカード中心にしたほうが楽です。お財布にたくさんお金が入っているのをレジで見られてしまうと、スリの対象になることも有り得ます。
現金は、現地で使う予定の金額+1~2万円ほどを両替します。100ユーロ札は使えない店も多いので、なるべく小さい額のお札に両替してもらっています。

■防犯グッズティグッズの用意
一人旅では、どんなに警戒してもしすぎということはありません。私は怖がりなので、いつも東急ハンズなどで、一人旅用の防犯グッズを揃えます。私のおススメは下記です!
①スキミング防止のパスポートケース(ストラップホール有り)
②スキミング防止カード
③シークレットベルト(なるべく薄手のもの)
スキミングとは、パスポートやクレジットカードの磁気ストライプに入力されている情報を抜き出し、全く同じものを複製する犯罪です。スキミング防止と書かれたパスポートケースは、これを防ぐ特殊な加工がされた製品です。安価なので、是非買ってみてください。搭乗時は首から下げられるとパスポートを無くさず便利なので、ストラップを付けられるタイプがおススメです。
スキミング防止カードは、クレジットカードと一緒に財布に入れておくとスキミングを防いでくれるカードです。私は2枚ほど、いつも財布に入れています。
シークレットベルトは、お腹に巻ける小物入れです。薄型で、服の下に巻けます。財布がすられた場合に備え、予備のカードやお金などを財布と別に入れておくと安心です。私はなるべく薄型で、服の下につけても邪魔にならないものを選んでいます。

ヨーロッパ一人旅の体験と注意点、そして学んだこと

いよいよ現地!
夏は旅行シーズンで、パリには様々な国の人がいます。天気もよく、モンマルトルのカフェでコーヒーを飲みつつのんびりするだけでも、すごく楽しかったです。英語が結構通じるので、カフェで隣に座った方や、店員さんともお喋りしていました。
3日間は、日本人の宿泊者が多いゲストハウスで友人を作り、ご飯を食べたり、美術館に行ったり、ちょこちょこ一緒に遊びました。パリまで行って日本人と…と思われるかもしれませんが、留学中の人やバックパッカー、異業種で働いている人など、普段出会わないタイプと話せるのはかなり楽しかったです。
■一人旅でよかったこと
なんと言っても、自分のペースで楽しめるところです。人の反応を気にせず、行きたいところに行くことが出来ます。海外旅行はツアーだとどうしても時間が足りず慌しくなりますが、一人なら思う存分のんびりできます。満足するまで写真を撮ったり、教会でぼーっとステンドグラスを見たり、カフェで周囲の人の様子を眺めながら本を読んだり…とても贅沢な時間でした。
■一人で困ったこと
女性一人ですと、軽々しく夜出かけられないので、夜は少し暇だなあと感じました。夜遊びたいなと思ったときは、ドミトリーの友人を誘って出かけたり、ホテルのフロントで安全なバーやレストランを聞いて行ってみたりしていました。

■学んだこと、注意点
一人で海外に行くと、日本ではいつも回りに人が居たんだなあと気づきます。一人でじっくり考える時間ができ、内面と向き合える余裕が持てます。
学んだ大きなことは、自分はテレビや本で世界を知った気になっていたけど、実際に行くと全然知らないのだと知れたこと。がっかりすることも有りますし、本物は違う!と感動することもあります。でも知ったかぶりじゃなく、実際自分が足を運んで見て体験できた、というのはちょっとした自信になったりします。
しかし一人旅は、助けてくれる人が周りに居ないですから、一人で全て対処する覚悟が必要です。楽しみすぎて、隙だらけにならないよう、常に注意することが大切です。

まとめ

これから旅をする方へ
一人旅は、やはり怖い面もあります。スリに気をつけて、治安のいい場所を歩くようにして…と常に警戒心を持たないといけません。しかし、一度一人で海外旅行に行くと、「海外に行くって思ったより簡単なんだな」と気づきます。色々手配して、必要なお金を払い、足を動かせば、誰でも行けるのです。特別な資格も必要なし。世界は繋がっているし、近いんだなと感じられます。
普段と違う景色のなかに一人飛びこんでみたい、という方は、是非一度挑戦してみてください!

-一人旅, 海外旅行
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

家族で海外旅行 安く行けるお薦めの場所と持ち物は? その1

最近は海外旅行先として日本を選ぶ外国人の多さが話題になっていますが、これまでに20ヶ国以上の訪問を経験した事がある私にとっては「やっと気づいてくれたか日本の魅力」との思いでニンマリしています。 一方、 …

カナダでのオーロラ観測の最適な時期や安く行く方法、そして観測の注意点、過ごし方を紹介

皆さんは、生のオーロラを観たことはありますか? 私は一度だけあります。今でもあの感動を忘れることはできません。一昨年に本物のオーロラを見に家族でオーロラの観光名所の一つでもあるカナダのイエローナイフに …

格安の卒業旅行プランならタイ、カンボジア、ミャンマーがおすすめ!

スポンサーリンク 就職活動を終え、内定式や卒業論文の提出も無事に済み、残すは後卒業だけとなるとそれまで一生懸命がんばった自分へのご褒美として「卒業旅行に行く」ということを計画する人も多いと思います。就 …

海外の隠れた絶景発見!韓国潭陽(タミャン)郡への旅

スポンサーリンク 韓流ブームも一段落、韓国観光としてソウル、釜山ばかりでは飽きた人におすすめの旅を紹介します。それは、全羅南道光州広域市の北隣にある潭陽郡への旅です。ここには隠れた絶景スポットがありま …

海外旅行のおすすめの国カナダで感動したこと、そして学んだこと

私が海外旅行でおすすめする国はカナダです。夏(8月)のカナディアンロッキー縦断の旅は素晴らしかったです。バンクーバーから大陸横断鉄道に乗ってジャスパーに行き、そこからレンタカーでバンフまでドライブ旅行 …

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    インスタで話題 売れてます!
    男性にも使えます。