竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

個人手配 海外旅行

海外旅行〜安いプランを組むなら個人手配 or ツアーか?〜カナダ編

投稿日:

2017年5月、カナダ(バンクーバー、ウィスラー)へ20代4人で、個人手配で4泊5日の旅行へ行きました。その時の体験から個人手配のメリットとデメリットや、旅行プラン、ホテル情報について紹介します。

スポンサーリンク

個人手配による旅行計画のメリットとデメリットについて

今回の海外旅行で個人手配にしたのは、自分たちが行きたい所、したいことを全て実行するためです。
個人手配のメリットとデメリットとしては主に下記のようなことがあげられます。

個人手配の主なメリット
・自分の行きたいようにプランが組める
・手配手数料がなく安い
・状況に応じたプラン変更可

デメリット
・コミュニケーションが取れる最低限の英語がないと不安
・添乗員がいないため問題は全て自己解決が必要

カナダへの個人手配旅行のプランと予算、移動手段について

以下は今回のカナダへの旅行プランと予算、そして移動手段です。

1日目
バンクーバー空港到着後レンタカーを借りバンクバー市内を観光
ウィスラーのThe Aspens by ResortQuest Whistler宿泊

2日目
ウィスラーにてスキー

3日目
ウィスラー市内観光、マウンテンバイクをレンタルしサイクリング

4日目
ウィスラーの隣町ペンバートンにてNairn Falls観光

5日目
Brandywine Falls観光〜帰国

予算(一人当たり)
航空券が大阪〜バンクーバー往復約10万円
宿泊日が4泊約2万円
レンタカー、ガソリン代約2万円
食費、お土産等雑費2万円
合計16万ほどになりました。

安く行く方法としては、航空会社によって値段が違うので見比べることが必要です。
カナダ日本間での航空会社は、JAL、ANA, Air Canadaの三社です。

カナダの観光スポット、レストラン、ホテル情報について

バンクーバー市内の観光スポットで有名なのが、バンクーバー発祥の地のガスタウンです。お洒落な街並みでお土産屋も多く、数分歩けば街のシンボルである1977年製の「世界初の蒸気で動く時計」にたどり着けます。蒸気と汽笛が15分ごとに時を知らせます。
学校のチャイムなどでおなじみのメロディが10秒程流れます。

他にもランニング、サイクリングなどができ緑が多いスタンレイパークや、大きな市場ビール工場で有名なグランビルアイランドなどが観光地として有名です。

続いてウィスラーについてご紹介します。
自然の中にあり夏はマウンテンバイク(5月下旬〜10月上旬)、冬はスキーリゾート(11月下旬〜5月下旬)として有名な町です。
5月は季節の移りかわりということもあり、人も少なく宿泊費なども安くなっています。
10月も同じ季節の移り変わりで安いのですが、雨季ということもありお勧めはしません。
ウィスラーで有名な観光場所といえばPeak2Peakです。
ゴンドラとリフトで簡単に山の上まで上がることができ360度の大パノラマは絶景と呼ぶに相応しい景色です。
ウィスラーとブラッコムの山を結ぶPeak2Peakゴンドラから見る景色も絶景です。
ウィスラーに訪れた際には是非見ていただきたい景色です。
5月下旬〜9月下旬が季節ですが、天候等にて動いていない日や、年度によって開始終了日程が変わりますので、WhistlerBlackcombのサイトにてチェックが必要です。
そして何と言っても色々なアクティビティがあるのがウィスラーの魅力です。
冬は、スキー、スノーボード、スノーモービル体験
夏は、マウンテンバイク、ディスクゴルフ、ラフティング、ハイキング、スキー(6月中旬〜7月中旬)、ゴルフなど
様々なスポーツが楽しめます。

スポンサーリンク

ウィスラーの街からいける有名な滝や湖を紹介します。
Narin Falls…車で30分ほどで、パーキングから滝までは徒歩15分ほど。水量が多く飲み込まれるとひとたまりもないような迫力のある滝です。水量が多い日ですと展望デッキまで水しぶきが飛んできます。

Brandy Wine Falls…車で20分ほどで、パーキングから徒歩10分ほど。70Mの落差がある滝で周りの自然も一望できる絶景が見れます。

Joffre Lakes…車で1時間ほどで、パーキングから2、3時間のハイキング。7〜9月ごろが見ごろで、青く綺麗な湖、山の上に残った雪の景色が絶景です。

Garibaldi Lake…車で20分ほどで、パーキングから3時間のハイキング。Joffre Lakeと同じく青く綺麗な湖と壮大な景色が絶景です。

車がない場合はツアーで送迎をしてくれるところもあります。

そして今回泊まったホテル
The Aspens by ResortQuest Whistler
コンドミニアムタイプで、キッチン付、トイレ二つ、シャワー二つ(浴槽1つ)、寝室2部屋(ツイン、ダブル)、リビング、バルコニー付ととても広い部屋でした。掃除も行き届いており、満足のいく部屋でした。
ホテル内にはジャグジー、トレーニング施設も完備されています。

ウィスラーでオススメのレストラン
Warehouse…カナダ全土で展開されているチェーン店で、すべてのフードが4.95ドルと激安のレストラン。値段とは別に味もよくパスタ類が量もありオススメです。

Araxi…コースが50ドルほどと少し値段はしますが、お洒落でとても美味しいレストランです。牡蠣がオススメです。

今回はレンタカーを借りたため移動はスムーズでした。
空港からバンクーバー市内は電車もしくはtaxiでもいけます。
空港からwhistlerへは直通のバスが運行されています。
ホテルへも市内から徒歩10分と近い距離です。
バンクーバー市内、ウィスラー市内はバスが頻繁に出ていますので、市内での移動に困ることはありません。

初めての土地へ行くと、ナビがあっても道を間違えたりすることや天気の都合で予定通りプランが進められないこともあります。しかし、個人手配で行った分融通が利くので焦らず行動すれば楽しめます。
今回はレンタカーで移動したので、公共交通手段のみではいけない場所もプランに組むことができましたが、海外旅行での車の運転が不安がないとは言えません。もし事故などに巻き込まれたら細かく説明できる自信もありません。そういった面ではレンタカーは便利ですが不安もありました。
しかし、興味持った所には行ってみたいので実行して正解でした。

まとめ

今回の旅の目的は自然を感じるというコンセプトでプランを組みましたので市内観光は少なめで、滝や湖、スポーツを楽しむという内容になりました。ホテルはもっと高い所や安いところもありますので、何個かのサイトを比較していただき予算によって決めていけます。
海外旅行が初めての方や、一緒に行く人も含め英語が全くできない方など不安がある方は最初はツアーで行かれる方が安心なのではないでしょうか。
ツアーですとすべて案内があり安心ですが、日本語でなんとかなってしまうので、そういった面は少し面白みに欠けると私は感じます。
英語が全部わからなくても、海外の良さや、観光地以外の街並みや場所を見てその土地の雰囲気を感じる方が趣があり良いのではないでしょうか。
自由に行動しチャレンジしてみたいなという方は、個人手配での旅行をお勧めします。準備やプランを組むのには、しっかり下調べなど時間が必要ですが、それも含め楽しい時間です。少し不安な方は治安がいいカナダ、オーストラリア、ニュージランドへの旅行を検討してみてはいかがでしょうか。
ツアーと個人手配双方にメリット、デメリットがありどちらが安いと感じるかはみなさん次第です。安全に楽しく旅ができるようにみなさんにあったプランを考えてみてください。

この記事を読んで参考になった方がいらっしゃれば幸いです。
最後まで読んでくださりありがとうございます。
それでは良い旅を!

スポンサーリンク

-個人手配, 海外旅行
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

春~初夏の台湾台北を巡る観光プラン、レストラン、ホテル情報

スポンサーリンク 海外に初めて旅行する人にオススメしたい国の一つが台湾です。台湾は温暖な気候で、親日家が多い国としても有名ですね。治安や物価の安さ、日本からのアクセスなども考えると、台湾は日本人が訪れ …

タイで過ごすおすすめクリスマスプランとホテル情報について

スポンサーリンク 今回、紹介するのはタイのクリスマスにおけるおすすめプランです。 タイは、東南アジア諸国の一ヶ国であり、一年を通して温暖な気候であり、平均気温はだいたい30度前後であると言われています …

ニュージーランドおすすめスポットと失敗から学んだ必需品について

先日仕事の関係で約10年ぶりに海外へ渡航しました。 渡航先はニュージーランドのオークランド。 久しぶりの海外ということもあり、失敗から学んだことも多々ありました。 そこで、とっておきのニュージーランド …

夏の海外旅行、女一人でパリに行った私の旅行計画、注意点をご紹介します

スポンサーリンク 一人カフェ、一人飯…この頃、一人で行動しちゃうアクティブな人が増えています。でも海外旅行は、流石に一人だと危ないかな、としり込みしちゃう方も多いのでは? 私は20代の女性ですが、3年 …

春休みに行ったロシアへの新婚旅行、その旅行プランは?

スポンサーリンク 私は、去年の春休みの時期に妻と新婚旅行でロシアを訪問しました。ロシアは言わずと知れた世界最大の国土を持つ国で、1991年までソビエト連邦でした。首都はモスクワでロシアの西側にあります …

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    インスタで話題 売れてます!
    男性にも使えます。