竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

新婚旅行 海外旅行

新婚カップル必見! 秋~冬 ドバイの観光スポット・ルート・ホテルをご紹介

投稿日:

新婚旅行の行き先は決まりましたか?
定番のハワイやバリのリゾートもいいけど、普通とはちょっと違う旅がしたいと言う方、ドバイはいかがでしょうか。
高層ビルが立ち並び世界中の富豪が集まるニュードバイ、古い街並みにオリエンタルな情緒があふれるニュードバイ。それぞれの必見観光スポットを紹介します。

新婚旅行におすすめのドバイへはエミレーツ航空を利用

アラブ首長国連邦の首都ドバイへは、羽田・成田・関空から直行便が出ており約10〜12時間のフライト。深夜便を利用すれば早朝に着きます。
航空会社は何と言ってもドバイに拠点を置くエミレーツ航空。エミレーツ航空はエアラインオブザイヤーの受賞歴もある常に人気のエアラインです。
直行便の往復は平均8万円程度になりますが、旅行会社のフリープランツアーの中にはホテルもセットで8万円〜13万円とお得になるものも。
滞在日数は移動日を含め5日は確保したい所です。
ドバイの夏の最高気温は50度を超え、さらに湿度が高く旅行には不向きどころか命の危険も伴います。
しかし秋~冬になると気温は25度前後となり非常に快適です。

新婚カップルにおすすめの観光プラン

では、新婚カップルにおすすめしたい観光プランをご紹介します。
空港から市内まではタクシーで30分程度です。市内の移動はメトロが安く利用できます。
冒頭でもお伝えしたように、ドバイの観光スポットは、ニュードバイ・オールドドバイの2つの顔に分かれています。

①ニュードバイ

ダウンタウンドバイと呼ばれるドバイの中心地で必ず訪れるべきは、世界一高いタワー「ブルジュカリファ」。映画「ミッションインポッシブル」ではトムクルーズ演じるイーサンハントが、このタワーでスリル満点のアクションをしています。
ブルジュカリファは、あのアルマーニが経営するホテルとなっていますが、宿泊客でなくともチケットを買って最上階まで登ることが可能です。但し当日購入しに行っても観光シーズンは完売している為、事前にインターネットで購入しておくことをお勧めします。
最上階から見渡せるドバイの街並みはまさに絶景。周囲はホテルや巨大商業施設が立ち並ぶ為、ライトアップが非常に美しいです。特に夜景は新婚カップルには最高にロマンチックなスポットでしょう。
またお隣には世界最大のショッピングモール「ドバイモール」があります。スケートリンクや水族館まであり、滞在時間を前もって決めておかないと、一日では回りきれないくらいの広さです。

②オールドドバイ

こちらはニュードバイとは打って変わり古くからのアラビア情緖を残す街並みが広がります。中でもスークと呼ばれる通りは必須の観光スポットです。スークはスパイス・ゴールド・雑貨の三ヶ所に分かれています。スパイススークでは紅茶など日本人でも持ち帰りやすい品が安く手に入ります。テキスタイル(雑貨類)スークでは、オリエンタル色豊かなシルクやオーガンジー、パシュミナのストールを始めとし、バッグや小物入れなども手に入るので女性観光客には大人気です。ゴールドスークではアラビア語で名前入りのネックレスをオーダーすることができ、新婚旅行のお土産にぴったりです。
また是非ちょっとした休憩に利用して欲しいのが「アラビアンティーハウスカフェ」。筆者は偶然訪れたのですが、内装とゆったりと時間の流れる空気感に心が癒されました。テーブルは屋外にあり、白いカーテンで覆われ、ブルーを基調としたテーブルやソファがオリエンタルで、涼しい風にあたりながら優雅な時間を過ごすことができます。お昼時は観光客が多く押し寄せる為時間をずらしてティータイムに向かうのが良いでしょう。

③ジュメイラモスク

スポンサーリンク

ドバイの持つ二つの顔を満喫した翌日は、ジュメイラモスクに向かいましょう。ジュメイラモスクは土・日・火・木の10時のみ内部を見学することができます。その為30分前には観光客がモスクの前に並んでいますので早めに行くことをおすすめします。ジュメイラモスクはドバイの中でも最も美しいと称されるモスクで、真っ白な外観と細かなレリーフが非常に神秘的です。イスラム教徒の寺院なので、服装は露出の少ないものを選びましょう。

④デザートサファリ

旅行会社が企画する1デイツアーに申し込んでおけば車で簡単に砂漠まで行くことができます。6時間程度のコースが一般的です。昼間の砂漠は信じられないほど暑いので、日の傾く時間帯に向かいます。まずはキャメルライド。2人でラクダの背中に乗って砂漠のど真ん中で写真撮影は欠かせません。

⑤食事と世界一豪華なスタバ―でコーヒーブレイク

夕食はベリーダンスを見ながらバーベキューディナーを取るのがオススメ。満天の星のもと絨毯の上で頂くディナーはアラビアンナイトの世界さながらです。
ドバイは世界中から人が集まるお国柄、毎日世界中の料理を食すことができます。
しかしせっかくドバイに来ているのだからアラビア料理を食べたいですよね。アラビア料理のおすすめはシシトゥクと呼ばれる焼き鳥。玉ねぎやピーマンと串に刺さっており日本人にも受けやすい料理です。またラブネと呼ばれるヤギのミルクでできたチーズはお酒とも相性がよく是非一度味見してはいかがでしょうか。

もし空き時間があれば、ドバイのスターバックスコーヒーも是非訪れて頂きたいです。ショッピングモール「イブンバトゥータモール」の一角にある世界一豪華だと言われるスタバ、何が豪華かと言うと、天井がモスクのようにモザイク装飾されており、古代のアラブ世界にタイムスリップしたかのような気持ちになるのです。またメニューはドバイ限定のものがたくさん。是非天井を眺めながらコーヒーブレークをして下さい。

ドバイのおすすめのホテルと旅行中の注意点

そして気になるホテルですが、ドバイには勿論5つ星高級ホテルが数多くあります。
しかし、高いから泊まれない…と一概に言ってしまっては勿体ないです。せっかく新婚カップルで利用するなら思い出に残る場所を利用していただきたいものです。
高級ホテルを安く予約する方法として、早くからおさえることbooking.comなどでセールになっているホテルをこまめに探すことです。ドバイは秋~冬がオンシーズンなので基本的には料金設定は高くなっていますが、日によって値段が倍になったと思えばある日突然半額になったりするので、ドバイへの新婚旅行が決まったらすぐにチェックしてみましょう。
数多くのホテルの中でもオススメは「ジュメイラ バブ アル シャムス デザート リゾート」です。砂漠の中に広がる庭園、石造りのアラブ世界が広がるこのリゾート滞在すれば2人の中がより一層深まること間違いなしです。
モダンなドバイを楽しみたい人は「ファイブ パーム ジュメイラ ドバイ」。パームジュメイラと呼ばれるヤシの木の形をした人口都市の一角にあり、内装デザインに凝ったこのホテルではプライベートビーチも利用できます。

旅行中に注意していただきたいのは、ドバイはイスラム教国家であるということです。女性は露出度の高い服は着ず、また昼間の飲酒は避けて下さい。気分が浮かれている新婚カップルでも公衆の面前でのいちゃつきは控えましょう。例え外国旅行者でも処罰の対象になります。郷には郷に従うことを忘れずに。
また、ドバイの商業施設はどこも冷房が効き過ぎていますので、長袖を持ち歩くことをおすすめします。

まとめ

ドバイの魅力が伝わったでしょうか。新婚カップルには素敵な思い出となるはず。秋~冬のドバイは最も快適に過ごせるベストシーズンです。高級リゾート、ビーチ、歴史都市、巨大ショッピングモール、大自然を味わえる砂漠、一つの国では全てはなかなか体験しづらいこれらのものを、ドバイでは一挙に体験することができます。もしも夫婦で意見が食い違っても、これだけ沢山の観光スポットがあればきっと互いに満足できるはずです。ぜひ一生の思い出にドバイを選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-新婚旅行, 海外旅行
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外絶景の旅で訪れたアイスランドの世界一美しいおすすめの滝の行き方と周辺ホテル事情

私たち夫婦は2016年4月に北大西洋に浮かぶ氷と火山の島アイスランドを訪ねました。韓国ほどの広さの島に人口33万にという大自然と絶景オンパレードの島です。これまで海外旅行でいろいろな国を訪れましたが、 …

海外旅行中の体調不良はどう対処する?経験から学んだこと、事前準備と下調べが大切!

海外旅行で、夫と6日間、ベトナムのニャチャンというリゾート地に行きました。海外旅行には慣れているつもりでしたが、油断してしまいました。ちょっとした冒険が体調不良を起こして旅の楽しみを半減させてしまいま …

家族で海外旅行 安く行けるお薦めの場所と持ち物は? その3

忙しい共働きの両親と、小学校低学年のお子さん2人のご家族。最近は旅行というより帰省で休みが終わってしまうご家族も多いのではないでしょうか。そんな4人家族に、できるだけ安く行ける海外旅行と、持っていくと …

海外旅行のおすすめの国タイで感動したこと、そして学んだこと

海外旅行は何回か経験はありますが、その中でもおすすめの国はタイです。日本からも近く、親日が多く優しく迎えてくれます。そんなタイでの感動したエピソードと、そこから学んだことなどを紹介します。

カナダでのハロウィン体験とその準備、衣装、過ごし方と日本との違いについて

スポンサーリンク カナダのモントリオールで数年前にハロウィンをしました。当時、モントリオールの語学学校に通っていて、学校でちょっとしたハロウィンをして、そのあと放課後には友達とハロウィンパーティーをし …

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    インスタで話題 売れてます!
    男性にも使えます。