大切なお子様に1日5分で視力と成績がグングンアップする遊び感覚のプログラム

健康と予防

視力低下は脳の視る力が弱くなっているらしい

視力の低下は「脳の視る力」が弱くなっていると考えられるそうです。

どういうことでしょうか?

お子様について

「最近、成績が下がってきたみたい…」
「集中力がなくじっとしていられない…」
「このまま一生、メガネ生活はかわいそう…」

そんな風に思っているとしたら、このプログラムはきっとお役にたつでしょう。

その原因はどうも脳にあるということらしいです。

お子様の視力が落ちたら、眼鏡を検討される親御さんが多いかと思います。

しかし、視力低下は単純に目の機能低下が原因ではないのです。

「視力」と「脳」には密接な関係があり、
「視力」の低下を食い止めるには、目の機能改善だけではなく、
「脳」の機能を正常に戻し、活性化をうながす必要があるのです。

視力回復&脳力アッププログラム「ブレインアイ」

 

 

つまり、子供の視力低下と学力やスポーツの成績の低下は
密接な関係があります。

現在、10代の半数近くが視力低下、
とくに近視の悩みを抱えているといわれています。

これからの長い人生、視力低下は
お子さまの未来、将来にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

「視力が悪くなったから、成績が落ちた」のではなく、
「成績が落ちてしまう理由があるから、視力も落ちている」
可能性が高いということです。

そして、
その「成績が落ちてしまう理由」の原因は「脳」にあるのです。

あなたのお子様は次のような症状を抱えていませんか?

  • 遠くを見るときに目を細めている
  • 本やテレビに顔を近づけて見ている
  • 読書に時間がかかる
  • 文字を飛ばしたりすることがある
  • 本や参考書を読んでもなかなか理解できない
  • 読み書きや計算のうっかりミスが多い
  • 跳び箱やなわとびが上手く飛べない、球技も苦手
  • 歩いている時、よく人やモノとぶつかる
  • 理由もなくイライラすることが多い
  • 集中力が続かない、落ち着きがない

いかがでしょうか?

これらの症状は。視力や目とは何の関係もないように思うかもしれません。

今まさに視力が低下が進行していると考えられます。

どうして眼科では視力は回復できないのでしょうか?

視力が落ちて眼科に行くと、目薬を処方して、眼鏡やコンタクトレンズを薦めてきますが、視力を回復してくれることはないです。

なぜでしょう?

視力回復のノウハウを持っていないからです。

眼科医は眼球の治療のスペシャリストです。でも視力低下の原因が、彼らの専門外であったらどうでしょうか?

今までの視力改善法といえば、眼球運動が中心でした。

眼球運動で眼球の筋肉鍛えることはできますが、視力低下の原因はピント調節だけではありません。

眼球で集めた光の情報を脳が認識して初めて「見える」のです。

もしかしたら脳が悲鳴をあげているかもしれません。

視力回復&脳力アッププログラム「ブレインアイ」

子供の視力が下がった本当の原因は?

「頻繁にケガをする…」
「注意力が散漫…」
「呼んでも、生返事が多い…」
「忘れ物が多い…」
「時間にルーズになった…」

もしも、お子様にこの中の一つでも兆候が見られる場合、

視力が低下した主な原因は眼球機能でなく、脳の「見る力」が衰えている可能性があります。

そもそも視力とは何でしょうか?

スポンサーリンク

モノを見る力? それは半分正解で半分間違いです。

デジカメに例えるとわかりやすいかもしれません。

デジカメはレンズを通して光の情報をイメージセンサーに送り、画像処理エンジンで処理され写真となります。

したがって、レンズだけよくなっても、人の脳にあたる画像処理エンジン、つまりコンピュータに不具合があると写真がボケたり、写らなかったりします。

つまり、眼球は何でもないのに、脳が疲れているとモノがボケたり、見えにくくなったりするわけです。

これがあなたのお子様を悩ませている視力低下の正体なのです。

視力回復&脳力アッププログラム「ブレインアイ」

子供の脳と目にいったい何が起こっているの?

ではいったいあなたのお子様にいったい何が起きているのでしょうか?

脳が疲れているのです。

その原因は社会のデジタル化です。

  • スマホ
  • タブレット
  • 携帯ゲーム
  • パソコン
  • テレビ

これらは目の負担になるだけでなく、脳を疲れさせてしまいます。

脳の情報処理能力が低下すれば、当然視力も低下します。

画面に一点集中すると目の筋肉が凝ってしまいます。

さらに自然光でない人工的な光は脳に過度の負担を与えます。

特に夜は、脳を休ませなければならないのに、追い打ちをかけるように使われるのですから、これを続けていたら大きなストレスになります。

ストレスは脳から自律神経に伝わり自律神経の乱れを引き起こします。

これが小さなお子様ですと、その影響は計り知れないです。

わが子の視力を回復させたいと本気で思うのでしたら、

  • 脳の疲れを取り除く
  • 脳と目の繋がりを強化する
  • 脳と目を極度に疲れさせないようにする

こうするだけでよいのです。

視力回復&脳力アッププログラム「ブレインアイ」

なぜこの方法は学力アップや運動能力アップに繋がるのか?

今回のこの視力回復方法、「ブレインアイ」プログラムは、
お子さまが飽きずに続けられるように、

「ムリなく楽しくラクに続けられる」
を、コンセプトに数々の工夫を施しています。

ゲームのような脳活性プログラムを楽しむだけで、

脳の「思考力」「想像力」「集中力」「記憶力」などを養い
脳のみる力=「脳内視力」の改善と強化を目指すものです。

それって、難しいものじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

全然そんなことはないです。

小学校1年生のお子様でもできる脳の活性化のトレーニングです。

  • 短時間で
  • 簡単に
  • 飽きずに

取り組めるように、楽しいキャラクターと一緒に遊び間隔で行える内容になっています。

難しいことや無駄なことは徹底的に省いた内容です。

特別な道具も必要ありませんし、身体的な能力も関係ありません。

脳を活性化すれば、
視力が回復するだけでなく
目の疲れや脳の疲れもリフレッシュできるので、
気分もウキウキ晴れやかになります。

大切なお子様の目と脳にきっと視力回復、脳活性化効果をもたらしてくれることでしょう。

視力回復&脳力アッププログラム「ブレインアイ」

まとめ

今回は見る力、つまり脳活性化を行い視力と脳力を改善するプログラム「ブレインアイ」を紹介しました。

視力と脳力の改善を行う、簡単で、楽しい、そして飽きない脳活性化プログラムです。
脳の「思考力」「想像力」「集中力」「記憶力」などを養い、脳のみる力=「脳内視力」の改善と強化を目指すものです。

お子様の将来のため、検討してみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました