竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

卒業旅行 海外旅行

大学生におすすめしたい卒業旅行にイタリア格安プラン

投稿日:2017年12月25日 更新日:

これからの人生の大半の時間を過ごす、「仕事」を見つけるために目標になって必死になった就職活動も終え、卒業に向けた最終段階でもある卒業論文も終了し、「残すは卒業式だけ」となると誰しもが大学生活を振り返ることでしょう。「やり残したことはないかな」と思い、仲の良かった友人たちと卒業旅行に行く計画を立てる人もいるでしょう。
ここではそんな卒業を前にした大学生グループで行く格安旅行の方法とおすすめ海外卒業旅行プランの紹介をしたいと思います。基本的にはヨーロッパであればどこでも利用できる方法ですが、ここでは期間を1週間都市、訪問国を「イタリア」にして例に紹介します。私自身も経験したものなのですが、プランはローマ→フィレンツェ→ミラノ→ヴェネツィア→ローマと時計回りに大都市を回ってくるプランです。

スポンサーリンク

格安の卒業旅行のおすすめプランはイタリア、そのルートとホテル

まず、飛行機ですが、日本からイタリアは直行便が出ていますが、格安で行くためには直行便は使わずどこか経由するものを利用した方がいいでしょう。且つ日本を夕方から夜にかけて出発するもので機内泊をし、翌朝に到着すると飛行機代金を安くすませることができます。

また現地ローマの空港に到着し、ローマ最大のテルミニ駅に向かいます。ローマの中心の駅と言うだけあり、駅近辺には数え切れないほどのホテルがあります。人数にもよりますが、格安旅行ですのでユースホステルの相部屋で十分です。1泊3000円ぐらいで抑えられるところもたくさんあります。

インターネットに載っていないようなホテルもたくさんありますが、オススメは駅から徒歩10分弱のところにある「HOTEL TOKYO」というユースホステルです。その名前からもなじみやすく、且つオーナーがカタコトの日本語を話せるので安心できます。また、「安かろう悪かろう」と思いがちですが、金額は安くても外観やフロント、ロビーなどもきれいに整っています。

大学生の格安卒業旅行のポイントは「日本でホテルを取らず、現地で探す」というところにあります。イタリアは日本の数倍ホテルの数がありますので「5件当たってすべて満室」ということはまずないので安心して現地で探せます。

ホテルを決め、ホテルに荷物を置き、早速観光開始です。午前中から動けるのでローマ中にある観光地をたくさん見て回れます。オススメの観光スポットをあげるときりがないぐらいですが、外せない観光地はコロッセオ、真実の口、トレヴィの泉、フォロ・ロマーノ、スペイン坂、そして世界最小国家のヴァチカンでしょう。

観光地も結構密集しているところばかりなので時間を有効に使いながら一気に見ることができます。ただ、ヴァチカンに関しては他よりも少し長い時間をとり、歩いてみることをオススメします。「歩いて国を1周する」ということもできなくはないと思います。

また、食事に関してですが、基本的にはどこのレストランでも「ハズレ」はありません。どこに入っても本場のイタリア料理を堪能できます。ただ、ローマに来たからにはローマ発祥のパスタである「カルボナーラ」をオススメします。最初のローマ滞在は2日もあれば十分だと思います。

格安卒業旅行、ローマの次はフィレンツェ、ミラノ、ヴェネツィアに向かいます。

テルミニ駅付近でホテルを取っている理由は「他の街へのアクセスをしやすくするため」でもあります。テルミニ駅からフィレンツェまでは列車で3時間ほどで到着します。フィレンツェの場合は街の中心である「ドゥオーモ」近辺でホテルを探すことをおすすめします。もし美術作品に興味があれば「アカデミア美術館」をオススメします。ミケランジェロの代表作「ダビデ像」が展示されている場所です。
また、フィレンツェ滞在は1日で十分かと思いますがドゥオーモ近辺でのショッピングや食事タイムは書かさず入れた方がよいプランです。最もにぎわっている地域で「ジョーダン混じりに接客をする」というイタリア文化に触れることもできます。

スポンサーリンク

フィレンツェからミラノも同じく列車で移動します。ミラノはどちらかというと観光よりも買い物を中心に楽しむ街です。ただ、ここで1番外せないものはレオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」を実際に見ることです。ただ、完全事前予約制なので予約することを忘れないようにしてください。また、ミラノは熱狂的なサッカーのファンが多いとしても知られている街です。インテルやミランの試合があるときにはお店が早く閉まってしまうこともあります。店主がサッカーを観戦するため、という日本では考えられないイタリア文化を感じるのもおもしろいと思います。

そして、ミラノから電車で1時間少々のところにあるのが「水の都・ヴェネツィア」です。ここは絶対的におすすめしたい場所です。「街の8割が運河」という美しい街で、街を移動するのも、レストランに行くときでもゴンドラや水上バスを使うことが主流です。ゴンドラで移動して、陸上にあがらずそのままドアをあけてレストランに入るというのもここでしか感じられない貴重な体験です。特に日が暮れて街がライトアップされた時の運河との背景は最高に美しいもので、見ているだけで幸せな気持ちになるでしょう。ヴェネツィア発祥の「ボンゴレ」を食べ忘れないようにしてくださいね。

ヴェネツィアを堪能した後は列車でローマに戻り、ローマからまたどこかを経由して日本に帰るわけですが、「往復どちらも同じ空港を利用した方が金額が安く済む」ということもあるので敢えてローマに戻ってくるプランをおすすめします。「国内を飛行機で移動しない」「往復同じ空港を利用する」というこの2つだけで数万円単位の節約になります。もし、旅行自体の滞在を長くするのであれば各都市をバスで移動するのもいいでしょう。もちろんその方が格安になります。

イタリア格安卒業旅行で気を付けること

短期間でイタリアの主要都市を一気に周ってくることができるわけですが、もちろん気をつけるべきこともたくさんあります。
イタリアでは日本違い、スリや置き引きが多発しています。日本のように荷物を席に置いたまま席を立つと一瞬で荷物がなくなってしまうのでご注意ください。私自身も以前経験したことなのですが、背中のリュックサックの紐を切られて財布を盗まれたというスリ被害に遭いました。荷物を見えないところに持っているのは絶対NGです。できればショルダーバッグを前にしたりしながら最低限の荷物以外は持ち歩かない方がいいです。ブランド物を身につけたり派手な格好をしたりすると目をつけられやすいです。

また、イタリア人は想像以上に英語がしゃべれないのでコミュニケーションにも困りました。対策としては「一言会話帳」のようなものを指さしで使うことです。ただ、イタリア人の人はとても親切で私がそのスリ被害に遭って財布を盗まれ払うべきホテル代が払えないときにも「連絡先を渡すから帰国後カードを復活させたら教えてね。今回は払わないでいいからね」とこちらの気持ちをくみ取って配慮してくれるという優しさに溢れていました。スリに遭い、宿泊していたイタリア人店主のこの優しさというのは今でも良い思い出になっています。

まとめ

今回は卒業旅行としてイタリアへの格安プランを紹介しました。
「卒業旅行」というのは「就職活動と卒業論文」という縛りから解放されて浮かれてしまいがちです。もちろん、精一杯楽しむべきです。しかし、海外は「日本の常識は非常識」というのが顕著に表れる場所です。事前準備と対策をしっかりしてスリなどの被害に遭わないようにしましょう。いくら格安旅行でお金もあまり持ってなかったとしても被害に遭えばせっかくの楽しい卒業旅行が台無しになります。
社会に出るとなかなか海外に行く機会も減ってしまいます。そのため精一杯遊ぶためにも抑えるべきところはしっかり抑えて、できる限り最大の格安プランを立てていくことをおすすめします。

スポンサーリンク

-卒業旅行, 海外旅行
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏のイタリア旅行のおすすめ周遊ルートと服装について

スポンサーリンク この夏ヨーロッパへの旅行を考えている方におすすめの国をご紹介します。私のおすすめはイタリアです。夏におすすめする都市は、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアです。必要な日程は1週間程度 …

一人で行く海外旅行の計画の立て方、そして体験から学んだこと、注意点について(その4)

  スポンサーリンク 自分は大学時代、卒業旅行として一人で中国の上海に飛びました。そこで学んだことや計画の立て方、中国に限らず海外旅行全般の注意点、特に、お金に関する心構えや時間に関する考え …

シニア夫婦向けの秋のタイ旅行プランとホテル情報、注意点

スポンサーリンク シニア夫婦にとって海外旅行とは非常に楽しいものです。その理由は人生が一旦落ち着き、自分たちの人生を見直す上でも最高の時間帯であるからです。そのためそういったシニア夫婦方々にとって最高 …

イギリスへの海外旅行の準備で悩んだことや困ったこと、それにどう対処したか?

わたしは海外旅行数回行っておりますが、英語はいまだに自信がありません。海外へ行く度に悩むのは語学力です。そのため今回も現地のコミュニケーションでできるだけ困らないよう事前の準備をしっかりして行きました …

家族で海外旅行 安く行けるお薦めの場所と持ち物は? その1

最近は海外旅行先として日本を選ぶ外国人の多さが話題になっていますが、これまでに20ヶ国以上の訪問を経験した事がある私にとっては「やっと気づいてくれたか日本の魅力」との思いでニンマリしています。 一方、 …

カテゴリー