竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に、時々健康についても書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

国内旅行 日帰り旅行 電車の旅

カップルに最適、まったり電車で行く、秋の志賀高原紅葉日帰り温泉ツアー

投稿日:

私がカップルにお勧めする、紅葉狩りのコースは志賀高原を巡るコースです。志賀高原へは全国的に有名な湯田中渋温泉からのアクセスをお勧めします。東京や北陸からだと日帰りでも行くことができます。志賀高原の紅葉の時期は大体10上旬から下旬にかけてです。
樹木の種類が多いので、時期をずらすことで、全然違った紅葉を楽しむことができ、ロマンチックなのでカップルのデートにお勧めです。次の年はこの紅葉を見に行こうなど、カップルにとって、次の年の日帰り旅行の約束も出来るので、絆が深まるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

カップルにおすすめの電車で行く志賀高原紅葉狩りルート

起点となる湯田中渋温泉は駅自体に温泉が併設されています。ここから志賀高原へは複数バスが出ていて、志賀高原の池の近くなど、行きたいポイントへは大体一人1000円前後で行くことが出来ます。
電車で湯田中駅までは長野駅に一旦出るルートがお勧めです。東京からですと電車の乗継がスムーズにいけば3時間以内、料金は9000円前後です。北陸から、ここでは仮に富山駅を想定すると、電車時間は大体2時間半から3時間で、料金は7000円台半ばから8000円台前半です。どちらも車窓から移りゆく景色を楽しみながらのデートに向いているので、カップルにはお勧めの電車デートが楽しめます。

おすすめの紅葉狩り、志賀高原~湯田中温泉のコース

私のお勧めする行程は朝早くの電車に乗り、志賀高原の丸池蓮池などの湖畔の紅葉をハイキングしながら楽しみ、帰りは湯田中渋温泉の温泉、時間が無い場合は駅に併設の温泉に入るというルートです。いい汗をかいたあとの温泉、爽やかな贅沢がここでは楽しめます。朝早くから行動すれば日帰りが可能なので、付き合いたてのカップルには濃密で楽しい時間が過ごせると思います。

スポンサーリンク

紅葉狩りで疲れたら湯田中渋温泉で宿泊するのもおすすめ

日帰りじゃなくて、宿泊も兼ねてというカップルには金具屋という由緒正しい温泉が風情もあり、歴史もあってインスタ映えもする絶景スポットで、お勧めです。旅館は35か所、外湯も9カ所あるので、温泉には事欠かない町なので、温泉、紅葉狩りの両方を安心して楽しむことが出来るコースです。

渋温泉のお湯は比較的高温な場所が多く、入る場所によってそれぞれ温質が違うのが特徴です。神経痛関係やリウマチへの効能が期待できるところもあれば、子宝に恵まれる、と言い伝えのある温泉まで様々です。比較的さらっとした白濁の温泉、湯の花がある無色透明の温泉もありあす。温泉街特有のお土産屋さんもあり、ここの温泉饅頭は格別に美味しいです。

まとめ

日帰り、宿泊を問わず、湯田中渋温泉起点の電車で行く志賀高原紅葉巡りはカップルにとって、想い出深い秋になるでしょう。

スポンサーリンク

-国内旅行, 日帰り旅行, 電車の旅
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏休みにJR東日本休日おでかけパスを使って低予算の城巡り日帰り旅行に行こう!

スポンサーリンク 今回紹介するのは、JR東日本休日おでかけパスを利用して、関東近郊のお城を巡る夏休みにおすすめの低予算の日帰り旅です。目的地は、「小田原城」「鉢形城」「忍城」の3つです。休日おでかけパ …

カップルで紅葉を楽しむ電車で行く日光日帰り温泉デート

秋の時期は首都圏から電車でのアクセスに優れている日光、鬼怒川エリアで紅葉を楽しみませんか。見所が充実しているだけでなく、日帰りで行くこともできるので温泉デートも楽しめます。予算は1万円で楽しめるような …

夏に電車で行くおすすめ日帰り旅行、知多半島内海への行き方と予算

スポンサーリンク 中部地方の大都市・名古屋から、夏に電車でおすすめの日帰り旅行を紹介させて頂きます! 各駅停車の普通電車を使いますのでリーズナブルな予算で済み、名古屋から乗り換えもありませんので行き方 …

北陸新幹線とローカル電車で行く秘湯スポット!春の富山おすすめプラン

スポンサーリンク そろそろ春になって暖かくなってきたしハイキングでも行ってみたいけど、山だけだと奥さんが一緒に来てくれないんだよね。山小屋気分も味わってみたいけど、お風呂に入れないし雑魚寝はキツいな~ …

この秋におすすめ、三島と山梨の絶景とグルメの日帰りの旅

スポンサーリンク 秋も近づいてきました。関東から車で2、3時間で行くことのできる、秋に行く「三島」「山梨」の日帰り旅行のおすすめスポットを紹介します。 スポンサーリンク

カテゴリー