竜宮小僧の旅案内と時々健康情報

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に、時々健康についても書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

国内旅行 日帰り旅行

夏休みどこ行く?!家族で行く日帰り旅行、おすすめ施設の気になる行き方と予算

投稿日:2017年6月26日 更新日:

もうすぐ夏休み。小さなお子さんをお持ちのご家庭では遊びに行きたいとリクエストしてくる子供と今年はどこへ行こうとお悩みではないでしょうか。子供が楽しめる場所に行きたいけれどそんなにお金はかけられない、時間も無いし泊りよりは日帰りで済ませたい・・・などなど親の希望もありますよね。そんなお悩みを持つ方に私が家族で出かけてとてもよかったと思うおすすめのスポットを行き方や予算も交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏休みに家族で行く日帰り旅行、おすすめの場所は?

関西に住んでいると有名な日帰りレジャースポットといえばUSJやひらかたパークがまず思い浮かびますが、有名どころともあり平日でも混んでいて、夏休みともなると人の数は激増、アトラクションの待ち時間で一日の大半が消えていくなんてこともあります。各施設とも子供から大人まで対象にしているので家族で楽しめますが、子供の年齢によっては回る場所が制限されてしまいます。もしもお子さんが3歳~小学生くらいの年齢であれば東条湖おもちゃ王国はいかがでしょうか。低年齢向けのアトラクションが多くあり、シルバニアファミリーやプラレールなど女の子、男の子共に楽しめる屋内施設もあるので日帰りで一日楽しむことができおすすめです。

我が家では3歳児と小学2年生の子供、祖母を含む家族5人で7月の下旬に行きました。おもちゃ王国はCMで知っていましたが利用するのは初めて。調べてみると3歳児でも乗れるアトラクションが多く、シルバニアファミリーやリカちゃんなど娘たちが好きそうなおもちゃのお部屋もあります。暑い夏の日差しの中でも疲れたら屋内施設で遊べることもあり、遊園地デビューにはちょうどいいと思いました。そして大人も楽しめるものとしておもちゃ王国の隣にあるホテルでバイキングやお風呂に入れることも決め手となりました。
低年齢向けということで授乳スペース・おむつ替えスペース・ベビーカーの貸し出しなど充実しているので小さな子供連れでも安心して楽しめると思います。また施設内に手ごろな価格で食べられる飲食施設もありますが、飲食の持ち込みOKなので低予算で楽しみたいという方には嬉しい規則になっています。
私たちが利用したのは夏ということもあり施設に併設されている屋外プールも始まっていました。このプールは遊園地の利用料とは別途料金が必要ですが広さも十分で流水プールや珍しい飛び込みプールなどそこだけでも1日楽しめそうでした。夏休みということもありかなりの混雑を覚悟していたのですがプールの利用者が多く、遊園地のアトラクションはほとんど待ち時間なしで乗れ、フリーパスを利用していたので気に入った乗り物に何回でも乗っていました。ちょっと激しいコスターなどは上のお姉ちゃんと一緒に私も何回も乗り、ゴーカートは親の方が必死になってしまうほど。結局開園から閉園まで1日中遊びまわり、お風呂に入る頃にはクタクタ。ごはんも園内やホテルで済ませることができるので日帰りで遅くまで遊んでもめいっぱい楽しむことが出来ました。

スポンサーリンク

おすすめの日帰り旅行の行き方、道路や現地の混雑状況について

施設の混雑状況ですが、夏の時期は遊園地側よりプールの方が混んでいるようです。アトラクションはかなり空いていますが、空調が効いている屋内施設は人が多く子供が長く遊ぶにはちょっと落ち着きませんでした。
おもちゃ王国への行き方ですが、まだ長時間歩いたり電車に乗れない未就学児童がいるようなご家庭は車がおすすめです。中国自動車道を使えばひょうご東条インターから10分ほどです。時期や時間にもよりますが、早い時間帯でしたら道路はさほど混んでいません。電車での行き方はJR宝塚線新三田駅まで行けばそこから無料送迎バスが出ています。ただし、送迎バスの最終時間が夏期の増便期間でも18:00なので、日帰りでホテルの施設まで利用したい方は車で行く方がいいでしょう。

夏休みに家族で行く日帰り旅行、その予算は?

そして気なる予算ですが夏休みの家族での日帰り旅行としては内容の割に安く上がりました!おもちゃ王国の入園料自体プールを利用しなければ、入場券・乗り放題のキングフリーパスだと大人2,900円、子供(3歳~小学生)2,600円です。ホームヘージにてゲットできる割引クーポンを使えばもっと安くなりますし、ホテルとのプランを利用すればかなりお得になります。我が家はホテルのランチバイキング+温泉がセットになった日帰りプランを利用したので大人3人、子供(小学生)1人、幼児(3歳~幼稚園)1人で合計約18,000円ほど。その他園内で飲食代、駐車場、交通費を併せても30,000円以下と子供から大人までしっかり1日楽しんだ内容にしたらとってもお得感がありました。

まとめ

小さい子を連れての家族旅行となると日帰りでもお出かけ先の施設の充実度やかかる費用が気になると思います。日中沢山遊べば帰り道では大人も子供もぐったり・・・そんな時出かけた先でお得にごはんもお風呂も済ませてゆっくりと帰路につけると嬉しいですよね。
様々なプランで応えてくれ、子供から大人まで楽しめる東条湖のおもちゃ王国に今年は日帰り旅行してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-国内旅行, 日帰り旅行
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

愛知県の電車の旅、その魅力とおすすめルートや途中下車のスポット情報を紹介

電車旅というと新幹線や飛行機を使った旅行よりも安価で楽しめるところが魅力です。 車だと渋滞に巻き込まれたりして予定が狂いやすいですが、電車ではそういった心配はありません。今回は愛知県でのおすすめのルー …

電車で行く桜のアーチ、そして秋のおくんちがおすすめ! 魅力あふれる長崎・佐賀ルート

スポンサーリンク 最近では、日本人だけでなく海外の方々にとっても桜は神秘的で特別な存在になっていますね。 桜の名所を巡り日本各地を旅された方もいらっしゃるのではないでしょうか? 私はまだ地方ですら制覇 …

春〜初夏におすすめ!北海道でも春が早く訪れる函館と湯の川温泉

函館空港公式サイトより 北海道の函館市には、古くから愛される湯の川温泉があります。観光地でもある函館市は、見どころがグッっとコンパクトにまとまっており、市内だけで温泉からグルメまでを楽しむことができま …

秋のおすすめ日帰り旅行は清川村の宮ヶ瀬湖(関東編)

秋と言えば紅葉ですね。首都圏から行ける日帰りの旅行には紅葉も楽しめる神奈川県唯一の村である清川村の宮ヶ瀬湖をおすすめしたいです。人口わずか2993人の東京から1番近い村に日帰りで行ってみませんか? ス …

兵庫、京都の電車の旅の魅力やおすすめするルート、そして途中下車のスポット情報を紹介

電車の旅の魅力は何といっても時間通りに旅を計画できるということです。車と違って渋滞に左右されないので、スケジュール通り旅を楽しめます。私も電車の旅が好きで格安の乗り放題切符を買って途中下車しながら回っ …

カテゴリー