竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に、時々健康についても書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

国内旅行 日帰り旅行 電車の旅

夏休みの低予算日帰り旅、秩父鉄道のSLに乗る旅

投稿日:

夏休みには、大人にとっても子どもにとっても思い出深い旅をしたいものです。しかし、そこで気になるのが予算です。今回は関東近郊で日帰りのおすすめ旅を紹介します。その旅は主な目的は「SL」です。それも動いているSLです。東京から最も近くに実際に走っているSLがある秩父鉄道に乗る旅を紹介します。

スポンサーリンク

夏休みに低予算で楽しめる秩父鉄道のSLに乗る日帰り旅

夏休みに遠出の旅も良いです。しかし、どこへ行くにしても、列車や飛行機は満席。自動車は渋滞に巻き込まれてしまいます。遠くへ行かなくとも、近場で日帰り旅でも十分思いで深い旅をすることができます。今回紹介するのは、秩父鉄道のSLです。JR高崎線熊谷駅から三峰口まで休日を中心に走っています。SLを見るだけでも良い思い出ができます。鉄道好きには、SLの前後に違った列車を選ぶことで、鉄道三昧に一日になります。東京から熊谷へのおすすめの行き方は2つあります。1つ目はオーソドックスに新幹線です。やはり新幹線は特別です。特に東京駅には東海道新幹線、北海道新幹線、東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線と非常に多様な新幹線が集まっています。ホームにいるだけでのテンションが上がります。

スポンサーリンク

東京から秩父鉄道のSLに乗るルートは?

夏休みに低予算で行くのならば、東武特急で浅草から羽生へ。そこで秩父鉄道に乗り換えて、熊谷へと向かう行き方があります。スカイツリーを見ながらの旅もおすすめです。熊谷からはSLです。秩父鉄道のSLは東京から最も近い場所で走っているSLなので、日帰りでも楽しむことができます。楽しみはSLだけではありません。客車も古い車両を使っています。音や匂い、動き、全てが印象深いものです。ゆったりと走り、流れる景色が印象的です。夏休みは暑い季節なので、長瀞で有名なかき氷を食べるのも気持ちが良さそうです。SLの混雑状態はネットで確認をすることができます。SLはとても低予算で楽しめます。また、行き方もとても分かりやすいものです。

SLを体験したあとは特急レッドアローで東京へ向かおう!

SLの後は東京へ戻ります。東京への戻り方は、西武特急のレッドアローがおすすめです。東武にしても、西武にしても私鉄の特急はJRの特急に比べ低予算で乗ることができます。特急列車を予約すれば混雑とも無縁です。秩父駅には日帰り温泉もあります。夏休みの一日で出した汗を流してから東京に戻るのも良いかも知れません。

まとめ

今回は、夏休みに、東京から様々な鉄道を使って、日帰りで東京に戻る旅を紹介しました。今回の鉄道の旅は混雑とはあまり縁のない、ゆったりとした旅となるはずです。その上、低予算で楽しむこともできます。鉄道好きだけでなく、それほど鉄道好きでない人にもぜひ体験していただきたい旅です。

スポンサーリンク

-国内旅行, 日帰り旅行, 電車の旅
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

秋の日帰り旅行は横須賀で決定!その行き方と魅力、楽しめるルートを紹介

神奈川県横須賀市は日本の歴史を学ぶことのできる軍港の町として有名です。そんな横須賀の町を1日かけて楽しめるルートをご紹介したいと思います。 秋に行く横須賀の猿島への行き方 横須賀といえば東京湾で唯一の …

北海道の温泉といったら登別温泉で春~初夏が最適シーズン

北海道の南部地域に存在している「登別温泉」は、多くの温泉地が有る北海道の中でも代表的な温泉地であり、北海道はおろか日本を代表する温泉地であり温泉天国でもあります。 温泉街の奥の方には温泉の吹き出す地獄 …

夏休みにJR東日本休日おでかけパスを使って低予算の城巡り日帰り旅行に行こう!

スポンサーリンク 今回紹介するのは、JR東日本休日おでかけパスを利用して、関東近郊のお城を巡る夏休みにおすすめの低予算の日帰り旅です。目的地は、「小田原城」「鉢形城」「忍城」の3つです。休日おでかけパ …

春〜初夏におすすめ!北海道でも春が早く訪れる函館と湯の川温泉

函館空港公式サイトより 北海道の函館市には、古くから愛される湯の川温泉があります。観光地でもある函館市は、見どころがグッっとコンパクトにまとまっており、市内だけで温泉からグルメまでを楽しむことができま …

ユーロスターで行く電車の旅の魅力、そしておすすめのルートと途中下車のスポット情報

私の考える電車の旅の魅力は、電車の車両そのもの、つまりそのスピード感や形と電車の窓からの景色だと思います。今回は、ヨーロッパを縦断しているユーロスターを取り上げます。ヨーロッパ全体になると広すぎますの …

カテゴリー