竜宮小僧の旅案内

このサイトでは主に海外旅行をテーマにした様々な方の体験談を中心に書いています。ご参考にしていただければ幸いです。

海外旅行 絶景の旅

海外の絶景おすすめ旅マチュピチュへの行き方とホテル事情

投稿日:2017年5月9日 更新日:

今回はペルーの絶景天空都市マチュピチュへの行き方や周辺で泊まるホテルについてご紹介します。せっかく海外に行くんだから失敗したくない、でも初めての場所だから不安という方には是非この記事を読んでから、出かけることをおすすめします。

スポンサーリンク

ペルーの絶景の旅でおすすめしたい場所

海外の絶景の旅でおすすめしたい場所はペルーにある天空都市マチュピチュです。マチュピチュは15世紀ごろに栄えたインカ帝国の古代都市で標高2500mもの高地に築かれています。しかし、アンデス文明は文字の文化を持っていなかったため、マチュピチュの遺跡が何のために作られたのか、その理由は未だ解明されていないという不思議な場所。日本人でも名前は聞いたことがあるかと思いますが、場所が南米ペルーと遠く実際に行ける人は極僅かだと思います。しかしながら、一度その遺跡に足を踏み入れたのなら、我々とは全く違う文化、時間、習慣などが流れていたんだろうなと思わせる神聖な雰囲気や、文化的かつ自然的な側面でも世界有数の貴重な場所にいるんだなと感じさせてくれます。

ペルーの絶景スポット、マチュピチュへの行き方

さらに私がおすすめするマチュピチュまでの行き方は歩いて行くことです。最寄りの街クスコから列車で簡単に行くことも出来るのですが、それですとすぐ着いてしまって情緒がないので、まずクスコにある旅行会社でマチュピチュ行きの乗り合いバンを手配します。そして乗り合いバンでクスコから片道3時間、山道を走ると水力発電所に着きますので、そこからマチュピチュの山々を見ながらさらに3時間ほど歩いて行くのです。道はそんなに険しくないので子供やお年寄りでも歩けると思いますし、道中、珍しい動物や植物などを見ることが出来、トレッキングとしてもとても面白いです。また山の天気は変わりやすいので、雨具(両手が空く雨合羽が好ましい)は必ず持っていきましょう。

スポンサーリンク

ペルー絶景スポット、マチュピチュ周辺のホテル事情

マチュピチュ周辺のホテルについてですが、クスコはペルー第2の都市ということもあって1泊500円の安宿から、五つ星の高級ホテルまでありますが、私は日本人バックパッカーがよく使う「カサデルインカ」という宿をおすすめします。ここはクスコの中心アルマス広場から坂を登って5分程にある宿で、スタッフの何人かが片言で日本語を話すため、日本人旅行者に人気なのです。私が行った時も常に5、6人の日本人がいて、意気が合えば一緒にマチュピチュに行こうなんてことにもなるし、帰ってきた人から貴重な情報が貰えたりもします。

まとめ

ということで、今回は私がおすすめする海外の絶景、ペルーの天空都市マチュピチュの行き方と周辺の宿についてご紹介しました。また、クスコは標高3000mを超えるので行く際は高山病にお気をつけ下さい。

スポンサーリンク

-海外旅行, 絶景の旅
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

冬の台湾旅行のおすすめプランとグルメ&観光スポット情報

スポンサーリンク これから寒くなる冬の時期におすすめの海外旅行のプランを提案させて頂きます。 日本より北の方面よりもやはり南の方面の方が暖かいので近場で台湾がおすすめです。 今回は私がよく利用する一人 …

春休みの海外旅行にマイナーな国、ブルガリアへ行く観光プラン

スポンサーリンク 大学生という立場だからこそ思い切ったことができるものですが、春休みにちょっとマイナーな海外の国に旅行してみるのはどうでしょうか。今回はその中で日本人にはちょっと有名な国でありながらあ …

一人で行く海外旅行の計画の立て方、そして体験から学んだこと、注意点について(その3)

スポンサーリンク 海外旅行に一人で行くことは少し勇気のいることですよね。特に女性にとっては「危ない目に合わないかな」、「どうやって身を守ろう」など不安も尽きないかと思います。でも大丈夫!海外に少しの勇 …

シニア夫婦向けの秋のスペイン旅行プラン、ホテル情報と注意点

スポンサーリンク 秋の海外旅行プランを計画しているシニア夫婦向けに、おすすめの国が、スペインです。スペインがおすすめの理由は、世界遺産にも選ばれている史跡が数多くあることではないでしょうか。史跡の多い …

新婚カップル向けドイツ・ベルリンのおすすめ観光スポットのルートとホテル紹介

スポンサーリンク 私のお勧めは何といってもドイツの首都ベルリンです。随分前の話になるので恐縮なのですが、東西冷戦時代を終えて、あちこちで建設ラッシュだった頃。旧東ベルリン側の風景が次々と明るさを増して …

カテゴリー

札幌のゲストハウスニューオープン!